新型肺炎のマスク効果は?ACLの日程変更に影響あり!

中国の武漢を中心に被害が拡大している新型コロナウイルスによる肺炎の影響が、ACL(アジアチャンピオンズリーグ)の日程にも影響が出ています。JリーグもFC東京、ヴィッセル神戸、横浜F・マリノスが参戦しますが、詳しい日程についてみていきたいと思います!

目次

新型肺炎の影響でACL(アジアチャンピオンズリーグ)の日程変更

AFCアジアサッカー連盟が発表!GS第3節までの中国クラブの試合延期

グループステージ第3節までに予定されていた、
中国クラブの試合が軒並み2~3ヶ月後ろ倒しとなっていますね。
マレーシアでの緊急会議を受けて、仕方がない措置だと思います。

■グループE[変更前→変更後]
・第1節
FCソウル(韓国) vs 北京国安
[2月11日→4月28日]
・第2節
チェンライ・ユナイテッド(タイ) vs 北京国安
[2月18日→2月18日]
・第3節
メルボルン・ヴィクトリー(オーストラリア) vs 北京国安
[3月3日→5月26日]

■グループF
・第1節
パース・グローリー(オーストラリア) vs 上海申花
[2月11日→4月28日]
・第2節
蔚山現代(韓国) vs 上海申花
[2月18日→5月19日]
・第3節
FC東京 vs 上海申花
[3月4日→5月27日]

■グループG
・第1節
水原三星(韓国) vs 広州恒大
[2月12日→4月29日]
・第2節
ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア) vs 広州恒大
[2月19日→5月20日]
・第3節
ヴィッセル神戸 vs 広州恒大
[3月3日→5月26日]

■グループH
・第1節
シドニーFC(オーストラリア) vs 上海上港
[2月12日→4月29日]
・第2節
全北現代(韓国) vs 上海上港
[2月19日→5月20日]
・第3節
横浜F・マリノス vs 上海上港
[3月4日→5月27日]

※いずれも中国クラブがアウェイ

FC東京、ヴィッセル神戸、横浜F・マリノスにも影響。Jリーグの日程は?

ACLアジアチャンピオンズリーグに参戦するJリーグクラブは、
FC東京、ヴィッセル神戸、横浜F・マリノスです。
当然中国クラブと対戦する日程が後ろ倒しになっています。

ただでさえ過密日程などが問題視されますが、
Jリーグやカップ戦などとの兼ね合いも懸念されると思います。



新型コロナウイルスの肺炎とは?正式名称COVID-19(“co”rona “vi”rus “d”isease 20″19”)

中国武漢や日本国内での感染者数やワクチンは?ヒトから移る?

問1 コロナウイルスはどのようなウイルスですか?
発熱や上気道症状を引き起こすウイルスで、人に感染を起こすものは6種類あることが分かっています。そのうち、中東呼吸器症候群(MERS)や重症急性呼吸器症候群(SARS)などの、重症化傾向のある疾患の原因ウイルスも含まれています。それ以外の4種類のウイルスは、一般の風邪の原因の10~15%(流行期は35%)を占めます。

中国での感染者数は2万人、死者は400人を超えています。
ここまで感染拡大が続くと、心配になると思います。
中国は特に人口が多く、他国への感染拡大も懸念されています。

既存ワクチンや薬などで効果がないか試しているとの報道もありました。

sarsサーズを上回る?マスクは効果があるのか?

新型肺炎で記憶にある所だとSARSサーズがあると思います。
その影響力を上回るのが今回の新型コロナウイルスの肺炎だそうです。

マスクの買い占めがニュースになっていますが、
本当に効果があるのでしょうか?
厚労省や感染症センターなど関係機関のHPなどはしっかりチェックしたいと思います。



富士ゼロックススーパーカップNEXT GENERATION MATCH日本高校サッカー選抜メンバー・日程発表!

ACLにも参戦する2020年2月8日FUJI XEROX SUPER CUP 2020横浜F・マリノスvsヴィッセル神戸の記事はこちらから→高校サッカー選抜発表!富士ゼロックススーパーカップ2020結果は?

会場となる埼スタの紹介記事はこちらから→埼スタへのアクセス、埼玉スタジアム2002の座席表や駐車場は?、さいたますたじあむにまるまるに

静岡学園から田邉秀斗選手ら4名、青森山田から田中翔太選手ら6名選出!

▼GK
佐藤史騎(青森山田/3年)
猪越優惟(帝京長岡/3年)
松原颯汰(流通経済大柏/2年)

▼DF
神田悠成(青森山田/3年)
藤原優大(青森山田/2年)
長江皓亮(矢板中央/3年)
大竹琉生(昌平/3年)
吉田晴稀(帝京長岡/3年)
丸山喬大(帝京長岡/3年)
田邉秀斗(静岡学園/2年)
奈良坂巧(桐光学園/2年)
高橋祐翔(米子北/3年)

▼MF
古宿理久(青森山田/3年)
後藤健太(青森山田/3年)
柴圭汰(昌平/2年)
須藤直輝(昌平/2年)
田中克幸(帝京長岡/3年)
浅倉廉(静岡学園/3年)
井堀二昭(静岡学園/3年)
藤田悠介(静岡学園/3年)
森夢真(四日市中央工業/3年)
山田 真夏斗(立正大淞南/3年)
濵屋悠哉(神村学園/3年)
小屋諒征(佐賀東/2年)
藤井海和(流通経済大柏/2年)

▼FW
田中翔太(青森山田/3年)
小見洋太(昌平/2年)
晴山岬(帝京長岡/3年)
田海寧生(丸岡/3年)

個人的にオススメの選手は、我らがFC町田ゼルビア入団の帝京長岡高校3年生の晴山岬選手です!得点に期待したいと思います!

U18サッカー日本代表スペイン遠征メンバーの田邉秀斗選手、藤原優大選手、田中克幸選手、藤井海和選手、小見洋太選手らも選出!

U18サッカー日本代表にも選ばれている選手がいますね。
DF田邉秀斗タナベシュウト(静岡学園高)選手、藤原優大フジワラ ユウダイ(青森山田高)選手、田中 克幸タナカ カツユキ(帝京長岡高)選手、藤井海和フジイ カイト(流通経済大学付属柏高)選手、小見 洋太コミ ヨウタ(昌平高)選手です!
初戦メキシコ戦を勝利して勢いに乗っているチームの詳細などはこちらから→先発は?U18サッカー日本代表2020スペイン遠征メンバー発表!

青森山田高校1年生松木玖生(まつきくりゅう)選手は選外!

惜しくも高校サッカー選手権優勝を逃した青森山田高校の1年生松木玖生(まつきくりゅう)選手は惜しくも選抜には選ばれませんでした。紹介記事はこちらから→松木玖生の読み方はまつきくりゅう!U16青森山田1年生で小学校は?

同世代には海外に挑戦しようとしている選手もいます!

海外移籍を目指している若月大和選手に関してはこちらから→若月大和わかつきやまとの中学は?サッカーU17日本代表でユベントス?

バルセロナへ移籍の噂がある桐光学園高校のエース西川潤選手はこの年代でしょうか?
西川潤選手の記事に関してはこちらから→U20ワールドカップサッカー日本代表西川潤選手バルセロナへ移籍?



スタメン発表!2020JFA第99回天皇杯元日サッカー決勝戦!

ヴィッセル神戸がACL参加を決めた試合の詳細などはこちらから→天皇杯決勝のDAZNはなし、動画は?放送はNHKかスカパーで時間は?

会場となる新国立競技場の紹介記事はこちらから→オリンピックスタジアム新国立競技場の座席ってどうなの??

年末年始のサッカー関連の番組はこちらから↓

最強スポーツ統一戦2019の習志野高校美爆音!動画や結果は?再放送は?

スポーツ王2020の動画は?ラグビー松島幸太朗と中村俊輔、遠藤保仁、成田凌ら共演!、まつしまこうたろう、なかむらしゅんすけ、えんどうやすひと、なりたりょう

うわっダマされた大賞2020に丸山桂里奈出演!動画や放送日はいつ?、まるやまかりな

炎の体育会TVSPはメッシと乾貴士(いぬいたかし)のリフティング対決!

注目のメンバーは誰に?イニエスタ選手、ポドルスキ選手らスタメン!ビジャ選手、那須選手はラストマッチ

ヴィッセル神戸スタメン

GK
飯倉

DF
ダンクレー
大﨑
フェルマーレン

MF
西
山口
イニエスタ
酒井

FW
ポドルスキ
藤本
古橋

鹿島アントラーズスタメン

GK
スンテ

DF
永木
ブエノ
犬飼
町田

MF
三竿
シルバ
名古
白崎

FW
伊藤
セルジーニョ

情報が入り次第更新予定です。
両チームの健闘を祈ります!がんばれ!!

イニエスタ選手、ポドルスキ選手、古橋選手ら神戸は順当なスタメンだと思います。
鹿島は、U23サッカー日本代表に選出されている町田選手がスタメン。
天皇杯決勝後にタイへ向かうハードスケジュールになっています。
ちょっとコンディションが心配ですが、タイトル獲得に向けて燃えていると思います!

元サッカー日本代表の森岡さん、水泳の北島康介さんがゲスト。NHKサッカー新テーマ曲はMAN WITH A MISSONのChange the World

NHKは元サッカー日本代表の森岡さん、水泳の北島康介さんがゲストのようです。
森岡さん懐かしいです~2001年旧国立競技場で天皇杯優勝しているんですね。
新国立競技場についた屋根で、両サポーターの応援の声が反響して臨場感抜群だそうです!
いやー現地で観戦したいと改めて思いましたね!
オープニングセレモニーは太鼓や書道のパフォーマンスが行われています。
ピッチには頂上決戦の文字が躍動しています!
ハーフタイムにはSAMURAI BLUEサッカー日本代表の森保監督がゲストに来ます!

地上波テレビ放送はNHK!スカパーも。DAZNはなし。VARも導入。結果は2-0で神戸勝利!ヴィッセル神戸さん第99回天皇杯優勝おめでとうございます!

2020年を占う大会になると思うので、
両チームぜひタイトルが欲しい所ですね。
新国立競技場の芝は柔らかくて長めだと選手が言っています。

いよいよ鹿島アントラーズのボールで天皇杯決勝がスタートします!
立ち上がり鹿島FKのチャンスもクリアされる。
両チーム序盤は様子見をしていると思います。中盤は三竿選手がイニエスタ選手に良くチェックにいって自由にさせていないと思います。
神戸は左サイドに走った酒井選手へのナイスロングフィードでしたね。
前半6分、ハーフラインからイニエスタ選手のロングスルーパス!
前半9分、FKから西選手の折り返しを古橋選手がチーム初シュートもゴール右に切れる。
前半12分、神戸古橋選手のクロスから藤本選手のシュートも宇宙開発!
前半14分、レオシルバ選手のFKは神戸クリア。
前半18分、ポドルスキ選手のクロスをGKが跳ね返した球が選手にあたってゴールに!1-0で神戸先制!藤本選手の得点か?オウンゴールか?
前半25分、中盤を突破したレオシルバ選手をイニエスタ選手がうまくひっかけてFK。セルジーニョ選手のボレーシュートは枠外に。
前半28分、ポドルスキ選手のシュートが決まるもオフサイド?大﨑選手から酒井選手へのパスがオフサイドのようです。VARは発動されず。
前半33分、鹿島CKゲットで追いつきたい!も跳ね返される。
前半35分、鹿島またしても再度でFKゲット。チャンスは多いと思いますが、決めきれませんね。
前半38分、西選手のクロスがDFにあたり藤本選手が押し込んで追加点!も、VAR発動。オフサイドの判定確認もゴール!2-0。
ちょっと両チームプレーが荒れてきましたね。タイトルがかかって熱くなるのはわかりますが、落ち着いてほしいと思います。
レオシルバ選手の肘が古橋選手の顔に入ってVARでチェックしています。1発レッドの確認でしょう。判定はレッドではなさそうです。
前半アディショナルタイムは3分です。鹿島はシュートに持ち込みたいですね。
神戸はイニエスタ選手のFK、ポドルスキ選手のヘディングは枠外へ。
藤本選手の反転シュートは惜しかった!
前半終了。

森保監督がAFCアジア選手権について語っています。
やはり話題は今年開催の東京オリンピックやW杯2次予選の話になりますね。
タイでは暑さ対策の専門家もスタッフに加わっているそうです。
いやー町田選手は改めてこの試合の後の出場なのでタフな日程だと思います。

神戸の1点目はオウンゴールに訂正されましたね。
後半開始!鹿島は白崎選手に代えて、土井選手を投入。
後半4分、鹿島のFKは惜しくもゴールならず。神戸の選手にあたってCKじゃないかと騒いでいます。
鹿島名古選手は足首の怪我で×のようです。山本選手が急ピッチで準備をしています。
後半7分、怪我をした名古選手に代えて、山本選手を投入。
鹿島は点を獲りたい中でのアクシデントで苦しい状況だと思います。
フォーメーションを3バックにして攻勢に出ようとしていますか。
後半10分、鹿島はクロスから久しぶりに惜しいチャンスになったと思います。続いてクロスからキーパーが倒れたところをシュートも神戸がブロック!
後半11分、鹿島左サイドでFKのチャンス。ダンクレー選手はイエローカード。レオシルバ選手のクロスは得点に繋がらず。鹿島はこの流れで得点をきめたいですね。
後半15分、レオシルバ選手のシュートはミートせず。
なんとイニエスタ選手が足を気にしている模様。怪我でしょうか?左のモモ裏を気にしています。筋肉系?スタッフも様子見です。
神戸はラインをしっかり整えて守っていると思います。一時期の低迷が嘘のようなしっかりとした試合運びです。
後半26分、伊藤翔選手に代えて、中村充孝選手を投入。鹿島は3人の交代枠を使い切りました。
後半27分、代わったばかりの中村選手がファーストシュート!
後半30分、神戸のDFがハンドのVARのチェックもPKならず。
レオシルバ選手に言えろカードが出ています。
後半32分、藤本選手に代えて、、TJこと田中順也選手を投入。
後半33分、イニエスタ選手のテクニックからFK、クロスからヘディングもDFブロック。
ポドルスキ選手のクロスからTJシュートもキーパー真正面!
後半36分、鹿島セルジーニョ選手のヘディングは枠外。
会場は5万7千人を超える観客でうまりました。
後半42分、イニエスタ選手に代えて、安井拓也選手を投入。キャプテンマークは山口蛍選手に。
さあ、ダビド・ビジャ選手は出場なるか??
後半44分、鹿島のCKです。
後半アディショナルタイムは4分です。神戸初タイトルまであと少し!
田中順也選手のシュート性クロスからCK。
後半46分、ポドルスキ選手に代えて、ダビド・ビジャ選手を投入。
試合終了!神戸はクラブ創設25年にして初めてのタイトルとなりました!
ヴィッセル神戸さん第99回天皇杯優勝おめでとうございます!

ACLにチャレンジするチームは、Jリーグ優勝のマリノス、天皇杯優勝の神戸、あとはFC東京と鹿島アントラーズとなりました。