トゥーロン国際大会2019U-22サッカー日本代表メンバー発表

東京オリンピックで活躍が期待される選手たちでもある、U-22日本代表の第47回トゥーロン国際大会2019参加メンバーが発表されました。6月1日から15日まで熱戦が繰り広げられます。日本が所属するAグループの組み合わせはイングランド、チリ、ポルトガルとなります。

目次

●サッカー日本代表ではU-20ワールドカップポーランド、キリンチャレンジカップ、コパ・アメリカ。国内ではACLやリーグ戦と様々な思惑が交差する選考でした

今回のメンバー発表では、普段呼ばれるであろう選手が別のカテゴリーで呼ばれたり、呼ばれる可能性があるなど、代表戦や各クラブの台所事情も含めて選手選考が難しかったと思います。ただ、17歳の松岡大起選手や田中碧選手などは初選出ですし、裏を返せばこの機会を活かして活躍し注目を浴びる選手も出てくると思えば、そんなに悪い事でもないかなと思います。

ただ、代行が多いとはいえ一応監督は森保さんです。U-20ワールドカップやA代表のメンバー発表記者会見に関しては、YouTubeLIVEで流れるし、事前に何時から発表しますとアナウンスがありました。しかし、トゥーロン国際大会に関しては、動画はおろか何時から発表なのかもなかなか情報が出てきませんでした。日本サッカー協会として本大会の位置づけがどうなっているのか気になる所です。一応東京オリンピックに向けた大枠の中からの選考であったという事でしたが。

とはいえ、東京オリンピックもそうですが、活躍次第ではA代表への切符もありえるのは監督が森保さんだからというのも大きいと思います。身体が出来上がってない中で、飛び級でレベルの高い環境に身を置くと怪我をするケースをよく見ますが、世界を見渡してみるとムバッペ選手など若くしてチャンピオンズリーグやワールドカップで活躍する選手もいます。
選ばれた選手には存分に力を発揮してアピールしてほしいと思います!


●トゥーロン国際大会2019U-22サッカー日本代表メンバー発表

監督:森保一さん
監督代行:横内昭展さん

GK
オビ パウエルオビンナ(流通経済大)
波多野 豪 ハタノ ゴウ(FC東京)
山口 瑠伊 ヤマグチ ルイ(エストレマドゥーラUD/スペイン)

DF
田中 駿汰 タナカ シュンタ(大阪体育大)
椎橋 慧也 シイハシ ケイヤ(ベガルタ仙台)
大南 拓磨 オオミナミ タクマ(ジュビロ磐田)
岡崎 慎 オカザキ マコト(FC東京)
古賀 太陽 コガ タイヨウ(柏レイソル)

MF
相馬 勇紀 ソウマ ユウキ(名古屋グランパス)
長沼 洋一 ナガヌマ ヨウイチ(愛媛FC)
神谷 優太 カミヤ ユウタ(愛媛FC)
三笘 薫 ミトマ カオル(筑波大)
伊藤 達哉 イトウ タツヤ(ハンブルガーSV/ドイツ)
舩木 翔 フナキ カケル(セレッソ大阪)
高 宇洋 コウ タカヒロ(ガンバ大阪)
岩崎 悠人 イワサキ ユウト(北海道コンサドーレ札幌)
田中 碧 タナカ アオ(川崎フロンターレ)
川井 歩 カワイ アユム(レノファ山口FC)
松岡 大起 マツオカ ダイキ(サガン鳥栖)

FW
小川 航基 オガワ コウキ(ジュビロ磐田)
旗手 怜央 ハタテ レオ(順天堂大)
小松 蓮 コマツ レン(ツエーゲン金沢)

※古賀太陽選手が負傷離脱。追加招集はありません。

個人的には磐田さんの小川航基選手が戻ってきたのがとても嬉しいですね。
大怪我から復帰した後も不安定なコンディションが続いていたので、
正直難しいのかなと思っていました。
同年代や下の世代がどんどん羽ばたいていっている中、
かつてのエース完全復活を望んでいます!
ツイッターのJサポさんの反応を見ると、
初選出の松岡大起選手と田中碧選手はみんなから愛されている印象です。

【プレー集】光彩放つ2人の超新星|田中碧(川崎フロンターレ)vs相馬勇紀(名古屋グランパス)|2019明治安田J1第12節 川崎F×名古屋|

山口瑠伊選手や伊藤達哉選手は海外組としてチームに何をもたらしてくれるか期待です。
初顔合わせも多い中で、チームのリーダーシップを取る選手はだれなのか、
裏で支える縁の下の力持ち的選手はだれなのか注目です。

U-20やU-22で選ばれなかった選手たちは、
コパアメリカに召集されるのではと専らの噂ですが、
果たしてどうなるのでしょうか?


●トゥーロン国際大会2019U-22サッカー日本代表大会日程、テレビ放送情報など。放送はNHKBS1で!2勝1敗、得失点差の関係で首位突破。4強進出!

2019年6月1日(土)グループ vsイングランド 〇2-1
2019年6月4日(火)グループ vsチリ 〇6-1
2019年6月7日(金)グループ vsポルトガル ●0-1
2019年6月12日(水)決勝トーナメント vsメキシコ △2-2(〇PK5-4)
2019年6月15日(土)決勝トーナメント vsブラジル △1-1(●PK4-5)

グループA順位

試合数 得点 失点 Pts
1 日本 3 2 0 1 8 3 5 6
2 ポルトガル 3 2 0 1 5 4 1 6
3 チリ 3 2 0 1 4 7 -3 6
4 イングランド 3 0 0 3 3 6 -3 0

日本は3戦目敗れるも得失点差の関係で首位突破4強進出です!
グループBはブラジル、グループCはアイルランドとメキシコが4強に進んでいます。


●トゥーロン国際大会2019U-22サッカー日本代表イングランド戦スタメン発表。放送はNHKBS1で。気になる結果は大会3連覇チーム相手に見事な逆転2-1で勝利!

GK 1オビパウエルオビンナ DF 2古賀太陽 3椎橋慧也 5大南拓磨 15岡崎慎 MF 4田中碧 6長沼 洋一 7伊藤達哉 10神谷優太 19舩木翔 FW 9小川航基

小川航基選手怪我から復帰からのいきなりスタメンです!
神谷優太選手は三好選手の陰に隠れがちでしたがどうでしょうか。

イングランドのコーナーキックからチャロバー選手に頭で合わせられて先制される苦しい展開。前半は0-1のビハインドでした。
後半は開始直後に大南拓磨選手が舩木翔選手のクロスを押し込み同点1-1。
今度は、伊藤達哉選手がドリブルで切り込みクロス、長沼洋一選手が頭で合わせて逆転に成功します!
残り時間イングランドの猛攻にあうも何とか耐え抜いて2-1で勝利しました!

トゥーロン国際大会2019U-22サッカー日本代表チリ戦スタメン発表。放送はNHKBS1で。前半日本は圧巻のパス回しで5-1。気になる結果は後半に旗手怜央選手のハットトリックもあり6-1で勝利!

GK 山口瑠伊 DF 大南拓磨 岡崎慎 田中駿汰 MF 椎橋慧也 三笘薫 岩崎悠人 相馬勇紀 川井歩 高宇洋 FW 旗手怜央

三笘薫選手が抜けだしてゴール!前半6分日本代表先制1-0。
華麗なパス回しから最後に旗手怜央選手が決めて追加点!2-0。
さらに中盤から細かいパスをつないで旗手怜央選手が今日2点目!3-0
メンバーを入れ替えて臨んだ2戦目ですがここまで順調なのではないでしょうか。
チリはパス回しに翻弄されゲームには入れていない印象です。

ただ、日本はDFラインでのパスミスがちょっと気になっていましたが、
胸トラップでキーパーに渡そうとしたボールを奪われて失点3-1。
しかし、右サイドからのクロスを岩崎悠人選手が蹴り込んで4-1!
ケチャップドバドバの5点目は鬼のような縦パス。岩崎悠人選手も2点目で前半終了5-1。
旗手怜央選手のスーパーミドルが突き刺さりハットトリックで6-1。
そのまま試合終了です。


●トゥーロン国際大会2019U-22サッカー日本代表ポルトガル戦スタメン発表。放送はNHKBS1で。気になる結果は0-1。残りの試合次第では首位通過の可能性もあり

GK
波多野豪
DF
大南拓磨
岡崎慎
田中駿汰
MF
田中碧
長沼洋一
神谷優太c
舩木翔
伊藤達哉
松岡大起
FW
小松蓮

前半は両者譲らず0-0。
日本はこのままいくとグループ首位突破できます!
後半17分FW小松蓮選手に代えて、小川航基選手投入。
ポルトガルはU-19メンバーが中心らしいので得点を取りたい所ですね。
85分縦パスから抜け出しポルトガル先制0-1。
85分神谷優太選手に代えて、岩崎悠人選手投入。
90分松岡大起選手に代えて、旗手怜央選手投入。
後半の失点のまま日本は0-1で敗戦。
ただ、得失点差の関係で日本はまだ首位通貨の可能性を残しています。

●トゥーロン国際大会2019U-22サッカー日本代表メキシコ戦スタメン発表。放送はNHKBS1で。前半は0-0。後半は2-2でPK戦へ!気になる結果はPK5-4で初の決勝進出!決勝の相手はアイルランドを2-0で下したブラジルです

<日本スタメン>

GKオビ パウエルオビンナ

DF椎橋慧也

DF大南拓磨

DF岡崎慎

MF田中碧

MF神谷優太

MF岩崎悠人

MF相馬勇紀

MF川井歩

MF高宇洋

FW旗手怜央

<日本ベンチ>

GK山口瑠伊

GK波多野豪

DF田中駿汰

MF長沼洋一

MF三笘薫

MF舩木翔

MF松岡大起

FW小川航基

FW小松蓮

伊藤達哉選手はコパアメリカに合流しました。A代表コパアメリカメンバーなどはこちら
フォーメーションに関しては放送が始まってから確認する必要がありますね。
3バックを採用してますね。3-4-2-1は森保監督からもオーダーがあったのでしょうか。
慣れないポジションで中盤のボール運びがうまくいっていない気がします。前半は0-0

メキシコ右サイドのクロスからヘディングで決められました。0-1
54分に神谷優太選手に代えて小川航基選手を投入。ポジションはどうなるか。
69分に椎橋慧也選手に代えて田中駿汰選手を投入。
71分にバーに当たってからの相馬勇紀選手のゴラッソ!1-1
78分に川井歩選手に代えて長沼洋一選手を投入。
85分にまたしても右サイドからのクロスにヘディングで失点。1-2
88分に抜けたボールを小川航基選手が落ち着いて決めました!2-2の同点
メキシコの個の力に押されますが、日本も負けてはいません。
90分終えて2-2。試合はPK戦に突入します。

小川航基選手、相馬勇紀選手、岩崎悠人選手、長沼洋一選手、旗手怜央選手全員決めてPK5-4で勝利!決勝進出です!

PK戦 1本目 2本目 3本目 4本目 5本目
メキシコ × 4
日本 5



●トゥーロン国際大会2019U-22サッカー日本代表決勝ブラジル戦スタメン発表。放送はNHKBS1で。初優勝なるか!結果は90分で1-1、PK戦4-5で準優勝でした

GK
オビ パウエルオビンナ(流通経済大)

DF
田中 駿汰 タナカ シュンタ(大阪体育大)
大南 拓磨 オオミナミ タクマ(ジュビロ磐田)
岡崎 慎 オカザキ マコト(FC東京)

MF
長沼 洋一 ナガヌマ ヨウイチ(愛媛FC)
舩木 翔 フナキ カケル(セレッソ大阪)
高 宇洋 コウ タカヒロ(ガンバ大阪)
岩崎 悠人 イワサキ ユウト(北海道コンサドーレ札幌)
田中 碧 タナカ アオ(川崎フロンターレ)

FW
小川 航基 オガワ コウキ(ジュビロ磐田)
旗手 怜央 ハタテ レオ(順天堂大)

前半18分にブラジル7番の選手に抜け出され失点0-1。
3バックの混乱をブラジルがうまくついている感じです。
前半38分小川航基選手がクリアミスを見逃さずシュート!1-1の同点。ブラジルは初失点か。
前半終了1-1。追いつけたのが大きいですね!

後半開始舩木翔選手に代えて、相馬勇紀選手を投入。
後半65分岩崎悠人選手に代えて、三笘薫選手を投入。
後半80分小川航基選手に代えて、神谷優太選手を投入。怪我の具合が心配です。
ロスタイムは4分も決着つかず、PK戦です!

PK戦は、相馬勇紀選手、三笘薫選手、神谷優太選手、長沼洋一選手まで決めて、最後旗手怜央選手が止められました。ブラジル相手によく頑張ったと思います!準優勝!

PK戦 1本目 2本目 3本目 4本目 5本目
ブラジル 5
日本 × 4

●トゥーロン国際大会2018U-22サッカー日本代表の対戦相手はグループCカナダ、ポルトガル、トルコで、結果1勝1敗1分けの3位で準決勝進出ならず。順位決定戦で7位でした

2018年5月28日(月)グループ vsトルコ ●1-2
2018年5月31日(木)グループ vsポルトガル 〇3-2
2018年6月月3日(日)グループ vsカナダ △1-1
2018年6月月7日(金)7・8位決定戦 vsトーゴ 〇1-0