ユーロEURO2020/2021優勝予想!WOWOWと地上波で放送!欧州サッカー最強はどこ?

2020年ついに決勝大会が開催されるEUROユーロ2020(サッカー欧州選手権)について取り上げます。気になる出場国や、優勝予想をまとめました。
放送はWOWOWを中心に、それ以外では地上波でも放送される予定です!DAZNは残念ながら放映権を持っていません。その後、新型コロナウイルスの影響で2021年に1年開催が延期になりました。日程や開催地、組み合わせなど変化があったものに関しては随時更新していきたいと思います!

EUROユーロ2020/2021で1年延期:予選・日程と気になる結果はこちら。放送はWOWOWと地上波でDAZNはなし!

ついに今年、UEFA主催の欧州選手権大会が迫ってきているわけですが、実は昨年2019年より各国で予選大会が開催されていました。

予選ラウンド第1節は2019年3月21日〜23日、第2節は2019年3月24日〜26日、第3・4節は6月、第5・6節は9月・・・という風に3ヶ月毎に予選が開催されてきました。

そしてすでに第10節まで試合が終了していますが、現在グループC・D・E・Fのそれぞれに1チーム分の枠が残っている状態です。

これは、惜しくも予選ラウンドのグループリーグで自動通過(2位以上)できなかった国が、再起をかけて戦う敗者復活戦枠のようなものです。

その試合が今月3月26日、31日に行われ、ついに全出場国が決定します。

決勝の日程は、2020年7月12日ヨーロッパ時間21:00より。

日本時間では7月13日午前4時〜(サマータイム)に行われることになります。

いよいよサッカー欧州ナンバーワンの国が決定します!!

1年以上の長期にわたって予選を通過し、のぼり詰めてきた各国が戦うので、世界が大注目の試合となることは間違いないでしょう。

さてその気になる残りの4チームですが、

以下16ヵ国が3月26日に戦います。

(ヨーロッパ 時間)

ノルウェー 🇳🇴 VS セルヴィア🇷🇸 (18:00)

スコットランド🏴󠁧󠁢󠁳󠁣󠁴󠁿 VS イスラエル🇮🇱 (20:45)

グルジア🇬🇪 VS ベラルーシ🇧🇾 (18:00)

北マケドニア🇲🇰 VS コソボ🇽🇰 (20:45)

スロバキア🇸🇰 VS アイルランド🇮🇪 (20:45)

ボスニア・ヘルツェゴビナ🇧🇦 VS 北アイルランド🇬🇬 (20:45)

アイスランド🇮🇸 VS ルーマニア🇷🇴 (20:45)

ブルガリア🇧🇬 VS ハンガリー🇭🇺 (20:45)

それぞれ勝ったチームが3月31日にもう一度戦い、勝ち進んだ4チームが本選に進みます。

ちなみに31日の試合も、18:00-、20:45-、20:45-、20:45-となっていますが、日本ではまずこんなに遅くに試合が開始されることはないですよね。

夏のヨーロッパは夜22時頃まで明るいことはざらなので、そんな影響もあるのかもしれません。



EUROユーロ2020/2021で1年延期:出場国と気になる組み合わせ!放送はWOWOWと地上波でDAZNはなし!

ここでひとまず、すでに出場が決まっている国をご紹介します。

グループA

イタリア🇮🇹・スイス🇨🇭・トルコ🇹🇷・ウェールズ🏴󠁧󠁢󠁷󠁬󠁳󠁿

グループB

ベルギー🇧🇪・デンマーク 🇩🇰・フィンランド🇫🇮・ロシア🇷🇺

グループC

オーストリア🇦🇹・オランダ🇳🇱・ウクライナ🇺🇦・? (3月31日の勝利国)

グループD

クロアチア🇭🇷・チェコ🇨🇿・イングランド🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿・? (3月31日の勝利国)

グループE

ポーランド🇵🇱・スペイン🇪🇸・スウェーデン🇸🇪・? (3月31日の勝利国)

グループF

フランス🇫🇷・ドイツ🇩🇪・ポルトガル🇵🇹・? (3月31日の勝利国)

各グループ上位2チームが決勝トーナメントに進むことができます。

また3位のチーム同士で、もう一度戦い上位2チームが敗者復活戦枠を手に入れて、同じく決勝トーナメントに登場します。

グループをざっと観ただけで、グループFが”死の組グループ’’と言われているのもうなずけます。見事に、ビッグクラブを有する強豪国が揃ったグループとなりました。

誰もが気になるグループは”F”で間違いないでしょう。

国のA代表かつ、東京オリンピック世代の選手が多いフランスでは特に、同時期に開催される両大会において、それぞれどの選手が召集されるかがとても大事になってきます。

東京オリンピックは23歳以下という規定があるのに対し、EURO大会においては特に年齢制限はありません。

そして、気になるのは東京オリンピックでは23歳以下の選手だけでなく、オーバーエイジ枠としてA代表の選手も召集できるため、その辺りもメンバー選考や選手層の厚さに影響してくるので、国の総決戦になりそうです。

そのため、23歳以上で安定した選手の多いグループFドイツとポルトガルは、東京オリンピックを気にせず、フルメンバーを召集できるのはフランスに比べて有利な点かもしれません。

東京オリンピックもEUROも毎年開催されるわけではないので、選手にとってはどちらも捨て難く、両大会ともとても価値のある大会だと思います。

選手にとってはもちろんのこと、観戦する側としても、時期がもう少しズレていればどちらの大会にも、もっと集中できるのになぁと思ってしまいます。



EUROユーロ2020/2021で1年延期:注目のグループと優勝予想!放送はWOWOWと地上波でDAZNはなし!

前出ですが、誰もが大注目なのはフランス・ドイツ・ポルトガルという強豪揃いのグループFで間違いないでしょう。

上位2チームが決勝トーナメントに進みますが、3位のチームにもまだチャンスが残っていることから、組み合わせ次第ではこの3ヵ国が決勝で再び当たる可能性も考えられます。

とはいえ6月12日〜6月24日までの間は連日試合で、かなりの過密日程となっています。

ちなみにそれ以降の日程はこのようになっています。

ベスト16:6月17日から30日

準決勝:7月7日、7月8日

決勝:7月12日

ベスト16が決まるまでの間がやはり1番大変そうです。

疲れもたまってくる事は間違いなく、そこからどこまでケアしながら持ち堪えられるのかが、大きなポイントとなりそうです。

さて前置きが少し長くなりましたが、優勝予想について話します。

今回のEURO大会優勝は、イングランドオランダだと思っています。

ここはずばり1つにしぼりたかったのですが、とても決め難く、断念しました。

この2ヵ国に決めたのは個人的な希望が多く含まれています。

まずイングランドは2018年ロシアW杯において、とてつもなくいい試合をしていたのが印象に残っている方も多いのではないでしょうか。

最先端をゆき、多くのチャレンジがあり正直優勝してもおかしくないくらいの活躍でしたが、結果は惜しくもベルギーに敗れ4位という結果に。

逆を言えばW杯で十分優勝を狙えるくらいの強さを持っている国ということはすでに立証済みなのと、W杯で優勝できなかったから期待を込めて今回こそは、という感じです。

そしてオランダはずばり個人的な希望です。

オランダは前出のロシアW杯には出ていません。予選落ちで出られなかったという過去があります。

しかしここ2年ほどの間で1番勢いのある国の一つだと思っていて、それは選手の成長があった事と、オランダ自体が元々強く、ポテンシャルのある国であるということがあります。

そして1番期待しているのは、優勝候補に毎回名を連ねている、スペインやフランス、ドイツ以外の国、いわゆる台風の目になる中堅国の快進撃です。

台風の目となり旋風を巻き起こし、世界中を盛り上げていって欲しいということから優勝を期待しています。

ちなみに選手個人に注目するなら、やはり最近話題になっている、Håland(ハーランド)選手が気になります。現在ドイツ・ドルトムントに所属していますが、ノルウェー 出身の選手なので、自国でのプレーでどこまで活躍してくれるのかとても楽しみです。



EUROユーロ2020/2021で1年延期:DAZNでの放送はされない?放送はWOWOWと地上波でDAZNはなし!

”サッカー観るならDAZN”という構図が出来上がっている近年ですが、大変残念な事に今大会はDAZNでは放送されません。

なぜかというと、DAZNにEURO大会の放映権がないからです。

そしてその放映権を獲得し、今大会の独占放送ができるのが”WOWOW”です。

EURO大会やW杯といった国際大会での放送はまだDAZNではされていなく、その点はまだまだ不便だなぁと感じます。

ではEUROを観るためにはWOWOWに加入しなければいけないのか?というと、全ての試合を観たいなら加入した方が良いでしょう。

一応地上波でも放送される予定なのですが(日程等詳細は未定です)、おそらく全体の10試合程度のごく一部のみの放送となりそうです。

そのため、存分にEUROを味わいたい!楽しみたい!という人はWOWOWからの視聴が確実です。

有料放送の多くは、加入月の契約料は無料のキャンペーンをしていたりするので、EUROの期間だけで十分という方も、十分にサッカー観戦ができるかもしれません。



EUROユーロ2020/2021で1年延期:チケットはまだある?当選の可能性!放送はWOWOWと地上波でDAZNはなし!

EURO大会のチケットですがすでに一般販売が昨年よりされていました。

もちろん世界中で大注目大会なので、すでに第2次販売まで終了しているようです。

大人気とはいえ、当選後の未払いなどでキャンセルとなったチケットが、落選者向けの追加販売として購入できます。

来月4月より始まるこの公式リセールが残っているので、手に入るチャンスはまだありそうです。残念ながら外れた!という方でもまだ可能性があるので、気になる方はUEFAの公式サイトをチェックし、メールで通知がいくように設定しておくと良いかもしれません。

以上、まもなく全出場国が出揃い、決勝大会が始まるEURO2020についてまとめました。

今年は東京オリンピックが同時期に開催されることもあり、どちらの大会も大注目です。

”死の組”グループFからは、若くて勢いのある選手がどちらの大会に召集されるかがポイントのフランスが、決勝トーナメントへ進めるのか、スター選手を生み出してきたポルトガルなのか、はたまた13大会連続13回目の本大会出場という驚異的な出場歴のあるドイツなのか!!

こちらのせめぎ合いがどうなるかが、この大会の大きな盛り上がりの一つです。

チケットを手に入れた方は現地での観戦はもちろん、日本でもWOWOWから視聴できるのは嬉しいですね。今回の欧州ナンバーワンがどこになるのか、楽しみにしています!!