畠中慎之輔(はたなかしんのすけ)って誰?ポジションはどこ?

畠中慎之輔(はたなかしんのすけ)選手って知ってますか?えっ、は・た・な・か、しんのすけ?。。。誰??

「それって昔の武将でしょ?」「巨人にいたような?」「クレヨンしんちゃん?」とか思ってるあなた。違いますよ!

この戦国武将のような名前の畠中慎之輔(はたなかしんのすけ)選手を今回は知ってもらいたいんです!

なぜなら、ゴクッ

僕が歴史好きだからぁ!

って、ちゃうちゃう!!!!( `ー´)ノ(;^ω^)

その理由はこれから大活躍すること間違いない新世代の選手だぁぁぁ!

と思うからですw!!ではいきましょ~

畠中慎之輔(はたなかしんのすけ)選手の所属先は横浜Fマリノスでプレースタイルはどんな感じ?チャント(応援歌)がカッコいいらしい。ポジションはいろいろやってる?

畠中慎之輔(はたなかしんのすけ)選手はハタナカ、シンノスケ、と読みます。ハタケナカではありませんのでご注意を。

畠中慎之輔(はたなかしんのすけ)選手はサッカー日本代表に選ばれてるディフェンダー、まあざっくりに言うと守る人です。相手の攻撃を止めるのが得意な選手ですね。さらに、守るだけでなく攻めの技術も持ってるので、大リーグの大谷選手じゃないですけど、二刀流の新世代!と言えるかもしれません。

日本代表の大先輩、中澤裕二選手が畠中選手を評して「ヒトに強く、パスも出せる。彼のような選手がいたら、自分の居場所はもうないと思った」と、すごい褒めちぎってますね。実際、中澤選手は引退を決意するキッカケとなったようです。これ、凄くないですか?

中澤二世とも言われてる新世代の24歳、畠中慎之輔(はたなかしんのすけ)選手。

ではプロフィールからどうぞ!

名前 畠中 槙之輔
愛称 シン
カタカナ ハタナカ シンノスケ
ラテン文字 HATANAKA Shinnosuke
基本情報
国籍  日本
生年月日 1995年8月25日(24歳)
出身地 神奈川県横浜市
身長 184cm
体重 80kg
選手情報
在籍チーム  横浜F・マリノス
ポジション DF
背番号 44
利き足 右足
クラブ1
年 クラブ 出場 (得点)
2013-2018 東京ヴェルディ 61 (4)
2014-2015 →Jリーグ・アンダー22選抜 4 (0)
2016 →FC町田ゼルビア (loan) 29 (0)
2018- 横浜F・マリノス 5 (0)
代表歴2
2019- 日本 4 (0)

ホント、サッカー選手ってカッコいいですよね。満員の観客と緑のピッチ、自分を応援してくれるファン。さらに黄色い声援も飛ぶなんて羨ましいぞぉぉ。

今年になって日本代表に選ばれた畠中選手、マリノスサポーターから新しいチャントを贈られています。愛されてますね!



畠中慎之輔(はたなかしんのすけ)選手は現在、横浜Fマリノスに所属するディフェンダー:DFで背番号は44です。

マリノスでのポジションは4-3-3の左のセンターバックを担当していて、対人プレーに強い、読みの鋭いDFとして守りの要になっています。攻撃時には左サイドバックのティーラトン選手が大きく上がり、3バックに変形するので攻撃時は3バックの左からズバズバと縦パスを入れる姿が見られます。まさに新世代の畠中選手の映像はこちらでCheck!!

どうです?素晴らしい選手ですよね。森保監督もこれは呼ばないと、と思ったはず?

2019年の横浜Fマリノスはホントに強く、絶好調で首位争いをしています。その特徴はなんといっても攻撃。いわゆる”どつきあい”の試合も多く4-2とか3-1とか複数点が入るこが多いですね。

11月の段階でなんと60点も取っています。それに比べて失点は37と多いのも特徴ですね。勝ち点でも首位に肉薄する優勝争いを繰り広げています。勝つか、負けるか、で引き分けの少ない試合はサポーターでなくても楽しいので、一見の価値ありますよ。その攻撃サッカーを可能にしてるのが畠中選手です!!

横浜Fマリノスの監督はポステゴグルーというオーストラリア人で、超攻撃サッカーをマリノスにもたらしました。

マリノスは2014年からイギリスの超名門クラブ、マンチェスターシティなどを持つサッカー事業グループ ”シティー・フットボール・グループ” と提携しており、世界中のクラブに在籍する選手や監督を管理しています。

シティグループが管理する世界中の膨大なデータのなかからマリノスに合うだろう、という選手を推薦することができ、マリノスはその補強のお陰もあり強くなってます。実際に残留争いしていたチームが、4年で優勝争いするチームに変貌しました。

ワールドワイドな話ですねぇ(゜o゜)

畠中慎之輔(はたなかしんのすけ)選手も2018年にシティグループに見いだされ東京ベルディから移籍。2018年は5試合に出場の控え選手でしたが、2019年には不動のレギュラーとして全試合フル出場しています。将来的にはマンチェスターシティの目に止まるかもしれませんね!

超、個人的な意見ですが。畠中慎之輔(はたなかしんのすけ)選手の特徴はキックです!!利き足は右足なのですが、左足の精度も素晴らしいです。試合毎に50本以上パスを出していて、そのパス成功確率90%を超えてるんです!すごいなあ(^^;)

僕の草サッカーのパス成功率は。。。秘密ですww

縦パスをズバッと決めるところなんて、本当にセンターバック??と思うくらいです。その特徴がよく表れた動画がこちら。最初に後ろのほうから高速の縦パスを入れているのが畠中選手です。

どうだあ!!といいたくなる素晴らしいパスですねえ。あの距離を足元につけるのは確かな技術と強いメンタルがないとできません。末恐ろしいなあ、とんでもないディフェンダーになりそう。。。と、思うと同時にボランチなどの中盤でも使ってみても面白いかもしれませんね。



畠中慎之輔(はたなかしんのすけ)選手!サッカー日本代表で、身長はどれくらい?気になるスパイクはどこのメーカー?年齢はいくつくらい?海外移籍は考えている?

畠中慎之輔(はたなかしんのすけ)選手は日本代表に選ばれたのは最近で、2019年3月26日のボリビア戦でデビューしています。

11月19日に行われた日本対ベネズエラの試合ではスタメンに抜擢されました。フル出場したものの、試合は1-4という散々な結果。前半だけで4失点というのは65年ぶりのワースト記録だそうです。

畠中慎之輔(はたなかしんのすけ)選手は立て続けに失点した場面を振り返り「立て直す時間というか、余裕が、あの時間帯は自分たちにはなかった。声を出してないわけじゃなかったが、もっと選手間で話し合って解決しなければならなった」と悔しさを滲ませています。こういった経験が選手を大きく変えることもあるので、奮起に期待したいですね!

身長は184センチあるため空中戦にも強く、読みや判断力などを磨けば欧州へのステップアップもできるのでは?ないでしょうか?「行っちゃえ、畠中!」

履いてるスパイクはニューバランスのようです。”New Balance 442 Pro HG””

柔らかさを追求したモデルでフィット感が抜群、つま先はカンガルーレザー素材。足先を重要視している畠中慎之輔(はたなかしんのすけ)選手のこだわりを感じます。足元は人工皮革を使用していて後ろはしっかりとホールドされているタイプ。守備の時の踏ん張りなどがよかったんでしょうか?

New Balanceを履いてるサッカー選手って少ないと思うのですが、ランニングシューズのイメージはありますね。自分もランニングシューズを履いてますが、フィット感と軽さは一度履けば癖になりますよね。ちょっと試しに履いてみたいな~と思ってしまいます。

まあ、僕は草サッカーやってますが、いいスパイク履いてると最初だけ相手をビビらせることができるので、スパイクの種類は重要です!!って、練習しろよ!(--〆)

年齢は24歳。五輪代表は23歳以下なので五輪代表の年齢ではないですが、若い世代には間違いないです。そろそろ海外へ行ったほうが。。。余計な一言かな?(。´・ω・)?

海外移籍などで名前が挙がったことはないですが、そのプレーやポテンシャルを見てればいずれ声がかかるかもしれません。ベネズエラ戦のようにJリーグで体験できないようなスピードやテクニックを持った選手と戦いたい!と心境の変化が起こるかもしれませんね。



畠中慎之輔(はたなかしんのすけ)選手はインスタで写真などをアップしてる?生年月日はいつ?誕生日に古巣から飛び立ったらしい

畠中慎之輔(はたなかしんのすけ)選手はインスタグラムでチームやプライベートの写真をアップしているみたいです。身体が資本のサッカー選手。ケアしてる写真は僕も参考にしたいですね~。

あ、僕ですか?草サッカーですけど?ケアしてもいいですよね??絶対負けない(;一_一)近くの接骨院行くもん!

畠中慎之輔(はたなかしんのすけ)選手は1995年8月24日生まれの24歳。東京ベルディユースで育ったため、日本代表のチームメイト、中島翔哉選手や安西幸輝選手とは同じ世代でチームメイトだったため仲が良さそうです。こんな微笑ましい動画もw

俳優で大活躍中の竹内涼真さんは元ベルディユースで、畠中、中島、安西ともプレーした経験があることでも有名です。先日のキルギス戦の副音声で畠中選手とのエピソードを話していました。

「高校時代ボールを手で奪いあうゲームで畠中選手に勝ちましたよ!」と誇らしげに語る一幕も。すぐに、「僕が3年生でハタが1年生のときだったんですけどw」とオチがついてました。なんか、関係性がわかっておもしろい話ですね。絶対イジラレキャラだと思います畠中選手w

2018年の8月24日。23歳の誕生日にユースから長くお世話になった、東京ベルディから横浜Fマリノスに移籍しています。

古巣に対して最大のリスペクトと申し訳なさで、畠中慎之輔(はたなかしんのすけ)選手の人柄が伝わってきますね。プロ選手として活躍できる年数は短いのでこういうチャンスは選手にとって、大きな飛躍となるので逃すことはできません。

同時に、育ててくれた古巣から出る寂しさ、悲しさは計り知れないと思います。今では日本代表にまで成長した畠中選手をベルディのサポーターは誇りに思っているんじゃないですかね~?



日本代表に選ばれた畠中慎之輔(はたなかしんのすけ)選手は平成最後の日に横浜スタジアムで始球式!!

日本代表に選ばれたことで横浜Fマリノスの顔になった畠中慎之輔(はたなかしんのすけ)選手。なんと、プロ野球の始球式を務めます。それも平成最後の日に!

これはいわゆる”持ってる”ってやつですな。

サッカーのピッチでは水を得た魚のように動き回る畠中選手も、野球のスタジアムでは借りてきた猫状態。緊張してて、かわいいですねw

ちゃんとストライクに投げてるあたりもセンスを感じませんか??

後日、ボールとグローブをプレゼントされて、また恐縮してますね。ラミレス監督のサインがお茶目ですね。ラミちゃんww

畠中選手って、めっちゃ、いい奴なんだろうなあ



畠中慎之輔(はたなかしんのすけ)選手は結婚してる?まだ、彼女?妻か奥さん、どっちで呼んでる?

畠中慎之輔(はたなかしんのすけ)選手は結婚してるようです。2019年1月11日に婚姻届けを提出していますね。曰く、彼女は苦しい時も悩んでいる時もいつもポジティブな方向に導いてくれた、とのこと。しっかりしてます。女性の方、残念でした。

長身でカッコよくて、日本代表で、( ̄д ̄)「そりゃもてるわな」

そんな畠中慎之輔(はたなかしんのすけ)選手ですが、ここまで来るのに色々と苦労してきてます。東京ベルディではなかなか出場できず、レンタルでJリーグ選抜としてJ3で全国津々浦々、転々と試合したこともありますし、J2の町田ゼルビアにもレンタルされ鍛えられています。

ベルディユースからトップチームへ上がったエリートではなく、一度そういう苦い経験もして這い上がってきた選手なんですね。

まだまだ、これから伸びしろはあると思います、年末のE-1サッカーは韓国や中国などの東アジアの国と対戦します。国内組で臨むことが予想されていて、ここで畠中選手が大きく飛躍するのを期待してます!僕も負けないぞお!(゚Д゚)ノ