東京オリンピック正GK?大迫敬介選手の出身中学と気になる年俸は?

今回はオリンピック世代ど真ん中であり、有力候補のゴールキーパー・大迫敬介(おおさこけいすけ)選手についてご紹介します。大迫勇也選手との関係や過酷な高校生活はどんな感じだったのでしょうか??

オリンピックで日本代表?大迫選手の背番号と気になるプレースタイルは??

まずは大迫選手の簡単なプロフィールをご紹介します。

1999年7月28日生まれ 現在20歳

身長:186cm

体重:86kg

出身:鹿児島県

ポジション:ゴールキーパー

所属:サンフレッチェ広島

背番号:38

現在の所属はサンフレッチェ広島で、最近では2019年のコパ・アメリカで代表入りしていたのが記憶に新しいですね。大迫選手は2013年U-15で日本代表候補になり、翌年2014年U-16で日本代表に選出されていて、その後は毎年、代表候補と代表入りとを果たしていて世界各国に遠征に行っているようです。

15歳といえば中学3年生か高校1年生の頃からということになります。そんなに若くして日本代表に選出されているのはすごいですね!プロになる人はやはり若くから活躍し、さらに将来も期待されますね!

サッカーを始めたのはお兄さんの影響で、7歳の頃だったようです。ご出身が鹿児島ということもあり、ご兄弟ともに元気な子だったようで、少年時代はゲームなどせず、鬼ごっこなどでずっと外で遊んだり、それ以外にはほとんどサッカーをして遊んでいたようです。

あとでご紹介しますが、中学・高校時代にはすでにプロになることを夢見ていたようです。1999年生まれということもあり、遊びやゲームなどたくさんの誘惑があったにもかかわらず、小さい頃から遊んできたサッカーでその夢を叶えたのは本当に凄いことですね!

さて大迫選手のプレースタイルですが、その最大の特徴は‘‘スピード”でしょう!

子ども時代に遊んでいた鬼ごっこがここで活かされているのかもしれないですね!

百聞は一見にしかず、ということで大迫選手のスピードが感じられる動画をご紹介します。

※該当部分は動画の46秒~

ご覧いただいて気付いた方も多いと思いますが、大迫選手の特徴であるスピードは、その抜群の‘‘反射神経”にあります。ただスピードが速いというわけではなくて足元の技術もあるため、そのセービングが持ち味であり最大の武器といえそうです。

そのため至近距離からのシュートにも確実に反応していて、見ていて安心感すらあるほどです。

そしてゴールキーパーはシュートを止めることはもちろん、後ろから選手に指示を出すという大きな役割もになっています。

そのため海外へ移籍した場合には語学力が絶対に欠かせない要素になってきます。ゴールキーパーとしての存在感と統率力をも兼ね備えているのが現在の日本の守護神である川島永嗣選手です。

川島永嗣選手の記事はこちら→川島永嗣(かわしまえいじ)選手の本は?嫁はW杯で話題のハーフ美人?!

その意味で大迫選手は、その笑顔と存在感でフィールドの選手に安心感を与えることができる、とても魅力的な選手なのです。

チームメイトに的確に声をかけ、動かすことができる大迫選手のその存在は、すでに‘‘オリンピア世代の守護神”と言えるでしょう。

ただ残念ながら大迫選手は186cmと、ゴールキーパーの中ではそこまで高さがある選手とはいえません。その中でどうやって周りと差をつけるかと考えた時に、キーパーとしての技術、そして存在感のある大迫選手は、チームや監督からの信頼が高そうです。

さて年が明け、現在20歳の大迫選手はまさに東京オリンピックの世代といえます。

そんな大迫選手と森保日本代表監督とのつながりは、大迫選手がサンフレッチェ広島ユースから始まっているということは、忘れてはなりません。

今では日本代表監督として広く名前を知られている森保監督ですが、元々はサンフレッチェ広島で監督をされていました。

その功績は素晴らしく、2012年から2015年の4年の間に3度のリーグ優勝をもたらしたことは衝撃で、またサンフレッチェ広島から日本代表監督が選ばれたこと自体がもはやレジェンドと呼ぶにふさわしい人物だと思います。

その森保監督と大迫選手はユース時代からのつながりがあり、大迫選手にとっては自分のプレーをずっと見てもらってきた人物こそが森保監督だったこともあり、成長した姿を見てもらいたい一人として森保監督の名前をあげています。

そんな大迫選手がオリンピックで森保監督の元、ゴールを守る姿をぜひ見てみたいですね!



鹿児島の中学時代、広島での過酷な高校生活は夢だった?!

大迫選手は鹿児島の出身でありながら、ユース時代は広島で過ごしていました。

弱冠15歳で親元を離れ、中学を卒業と同時に一人広島に移り住み、高校時代はサンフレッチェ広島ユースでその能力に磨きをかけるという道を選んだようです。

しかしその生活は相当大変だったようで、ハードな高校生活を送っていたようです。

「毎日バタバタでしたね。朝ご飯を食べたらすぐに学校に行って朝練をして、帰りのホームルームが終わったらダッシュで寮に帰っていました。16時に学校が終わって、1640分に練習がスタートなので、寮に着いたらすぐに着替えて自転車か走りで練習場に向かって、トレーニングといった流れです」

しかも、20時半にはご飯を食べないといけないという寮のルールがあったので、それに合わせて、『走って帰れば、あと何分は自主練ができるな』と計算していました(笑)。ご飯を食べた後には、寮のトレーニングジムで筋トレをして、22時過ぎに風呂に入って22時半に寝る。そんな毎日でした」

なるほど、これは本当に大変そうです。

でもこのサッカーだけに没頭できる環境は大迫選手にとっては理想の環境だったようです。誘惑に負ける以前に、誘惑に触れることすらない環境で打ち込めることが、故郷の鹿児島を離れ、サンフレッチェ広島ユースに決めた一つの理由だったようです。

広島ユースは、当時大迫選手にとってついていくのに必死なくらいレベルの高い環境だったようです。それでも食らいついて行ったというその気持ちが、今の大迫選手のブレない安定したメンタルを育てて行ったのかもしれないですね。

15歳といえば、進路に悩み、これから考えていくという年代だと思います。それにもかかわらず、大迫選手はこの若さでここまで決断していたのには驚きです。それだけでなく実際に行動し、それをやり遂げらる人は、なかなかいないのではないでしょうか。これだけの努力ができる人こそがプロになれるということでしょうか。さすがです!



大迫選手の評価と移籍の可能性は?気になる年俸を予想!

1つ目の見出しでご紹介した通り、大迫選手はフィールドの選手への的確な指示や、正確なキャッチングだけでなく、安定したメンタルを持っていることから、その評価は高く、監督やチームメイトからの信頼は相当高いようです。

やはり格上やアウェーでの試合で、メンタルの強さは最大の武器となるようで、大迫選手のチャレンジ精神が伺えます。

さてそんな今後の活躍が期待される大迫選手ですが、サンフレッチェ広島ユースからそのままトップチームに上がりプロ契約を結んでいるので、移籍歴はなく現在に至ります。またサンフレッチェ広島は大迫選手と2020シーズンの契約を更新したようですので、直近の移籍の予定もなさそうです。

大迫選手の年俸は380〜480万円と言われています。今回の契約更新でどこまで年俸アップしたかは分かりませんが、昨シーズンのチームや日本代表へ活躍を考えると670万円ほどになるのではないかと予想します。

同クラブの他の選手や、同ポジションの他の選手に比べると、どうしても低く設定されているような印象がありますが、これまでの活躍と期待度を見る限り、今年度の活躍次第ではプレーだけでなく年俸も近い将来に1000万円を超えてくる可能性は十分にあります。

そして大迫選手は移籍経験がないということも、その要因の一つだと思いますので、こちらもまた活躍次第では、他の国内クラブから声がかかればまたその価値は上がるでしょう。大迫選手の場合には東京オリンピック世代なので、移籍の面では活躍次第では海外クラブからも声がかかることも十分に考えられるので、その年俸アップも間近かもしれません!

大迫選手の移籍情報はまだ出ていませんが、個人的には十分海外でも通用する選手だと思います。確かに世界のゴールキーパーの中では飛び抜けて体が大きく背が高いとはいえませんが、ゴールキーパーに求められるのは体格だけでなくその存在感も重要な要素だと思います。

臆せず先輩プレーヤーやチームメイトとコミュニケーションをとることができるその能力は、大迫選手の強みであり最大の魅力の一つだと思います。これはきっと海外チームでもうまくいく要因になると思います。その長所を伸ばすためにも、移籍の際には海外チームも候補に入れて欲しいですし、海外で活躍するその姿を見てみたいです!



大迫選手のインスタとツイッターは1.1万人!?兄弟は大迫勇也??

「(大迫)半端ないって」でずいぶん有名になった現在ドイツ・ブレーメンで活躍中の大迫勇也選手ですが、ネット上では大迫勇也選手と大迫敬介選手が兄弟だという噂があるのですが。。。

残念ながらこれはお二人の苗字が同じ、という偶然から生まれた噂でした。

兄弟でサッカー選手というのも最近では珍しくないので、勘違いされた方も多いのかもしれませね。ですが、なんと!大迫勇也選手も、同じく鹿児島県出身だそうで、この辺りの情報も二人が兄弟だという噂に拍車をかけたのかもしれませんね!

大迫敬介選手には実のお兄さんと弟さんがいらっしゃり、ご兄弟3人ともサッカーをしているということです。

正確にはお兄さんはプレーヤーを卒業されていて、現在は大迫選手をサポートするためにスポーツトレーナーとしてお仕事をされているようです。そのこともあり、もはや大迫選手専属のトレーナーといえそうです。

さて先ほどから大迫選手のインスタからたくさんご紹介しているのですが、投稿数58で現在1.1万人のフォロワーがいるということでとても充実しているという印象です。

試合での写真はもちろん、オフの日の様子や他の選手との交流の様子などが頻繁に投稿されています。

写真だけポンとあげているのではなく、その時の様子などを丁寧に投稿されていて、大迫選手の人柄を感じます。SNSが発達している昨今ですので、こういうファンサービスは選手との距離が縮まるようで嬉しいですね!

そしてインスタだけでなくツイッターも同じくらいしっかり投稿しているようです。インスタには載っていないささやかなコメントや、宣伝なども投稿されているのでこちらも要チェックですね!!



ウイイレ2020のFPに登場して話題に!

通称‘‘ウイイレ‘‘でおなじみのサッカー育成ゲーム、ウイニングイレブンの注目選手に今回取り上げた大迫敬介選手が登場し話題になっています!

FPとは、‘‘Future Player”の略で、現実のサッカーで活躍した選手たちが‘‘注目選手‘‘として登場するということです。

このFPはゲーム内ガチャで引き当てることができ、通常の選手に比べて能力値が非常に高く設定されているのがポイントです。選手を獲得し育成することがこのゲームの楽しいところですので、初期から能力値が高い選手を獲得できるという意味でFPはまさに注目選手といえそうです。

そんなウイイレのFPとして大迫選手が登場した!というお話でした。

ウイイレといえば手軽にサッカーを自分流に楽しめるのが醍醐味ですが、最近ではそのリアル感がどんどん増していき、リアルサッカーを気軽に楽しめるゲームとなりました!

また、私は個人的に、大迫選手ご本人もウイイレをプレイされているのか気になります!

オリンピック世代の守護神としてだけでなく、ウイイレの中でも注目選手である大迫選手から今後も目が離せません!

以上、オリンピック世代の新ゴールキーパーとして期待されている大迫敬介選手についてご紹介しました。未来の守護神として今後も目が離せません。これからも期待しています!