大注目!鈴木彩艶(すずきざいおん)選手の出身は?若手有望GK!!

今回は若手GKの中で特に大注目しているJ1リーグ浦和レッズ所属の鈴木彩艶(すずきざいおん)選手についてご紹介します。注目を集めるスーパープレーが炸裂です!

J1リーグ浦和レッズ所属の鈴木彩艶(すずきざいおん)選手:サッカー日本代表経験豊富!浦和レッズ契約延長決定!

まずは鈴木選手の簡単なプロフィールをご紹介します。

鈴木彩艶 (すずき ざいおん)

生年月日:2002821(18)

身長/体重:189cm/91kg

出身地:埼玉県さいたま市

ポジション:GK

サッカー歴においては、浦和レッズジュニア・浦和レッズジュニアユース・浦和レッズユース・浦和レッズと、幼少期より浦和レッズに所属しているゴールキーパーの選手です。

そして代表歴ではこれまで、U-15U-16U-17U-20で代表入りしています。

これまで浦和レッズで育ち、プロになったという事でかなりのエリートコースを歩んで来ている印象です。

しかしそんな鈴木選手の経歴において1番注目されていることは、やはり浦和レッズ史上最年少でのプロ契約を結んでいた事でしょう!

201921日、当時165ヶ月11日で浦和レッズと史上最年少でのプロ契約を締結していました。

そしてこの度、2020822日に公式ホームページより、18歳を迎えた821日に契約を更新したと発表がありました!

やはり鈴木選手の将来性に、これまで育ててきたクラブ側も大いに期待しているという事でしょうか。

アンダー世代での代表歴が豊富なこととも合わせてこれまでの活躍を鑑みれば今回の契約延長も納得です。

しかし浦和っ子の鈴木選手も、プロ選手としてはまだ始まったばかりです。

浦和レッズとの契約延長を皮切りに、これからは海外クラブも注目してくるのではと予想しています。

近々では東京オリンピックでの候補としてももちろん、年齢的にはパリオリンピックの世代でも当てはまり、正GKとしても名を挙げられています。

ちなみに東京オリンピック世代の選手紹介記事はこちらです。

小川航基おがわこうきオリンピック世代のエースに!磐田で起死回生!

東京オリンピック正GK?大迫敬介選手の出身中学と気になる年俸は?

ベンフィカ小久保玲央ブライアンの国籍は?ハーフ選手躍進の理由は?、こくぼれおぶらいあん

山口瑠伊(やまぐちるい)はハーフでイケメンGK

板倉滉いたくらこうの彼女は?ポジションやプレースタイルは?

パリオリンピック世代では、小久保選手が鈴木選手とレギュラー争いの可能性がありそうです。

セービングでは小久保選手が得意な印象があり、キックやスローは鈴木選手が得意な印象があります。

以前優勝予想をしていたチャンピオンズリーグで、今年はFCバイエルンが優勝しましたが、その裏で、19歳以下もトップチームと同じようにチャンピオンズリーグが行われていました。

優勝予想はこちら→ユーロEURO2020/2021優勝予想!WOWOWと地上波で放送!欧州サッカー最強はどこ?

アンダー世代のチャンピオンズリーグで小久保選手(SLベンフィカ)はスタメン出場し、惜しくも決勝でレアル・マドリードに3-2で負け、準優勝という結果を残しています。

どちらも非常に身体能力が高く、その活躍が期待されますが、現時点でパリオリンピックの選手で有力な選手がすでに揃っているというのは、日本のサッカーのレベルが上がってきているなと実感します。

ここ数年では、若手選手の移籍が中堅国へ盛んにされていたので、個人的には、オリンピックで活躍しドイツ・ブンデスリーガに若い日本人選手が移籍してくれたらいいなと思っています。



J1リーグ浦和レッズ所属の鈴木彩艶(すずきざいおん)選手:注目GK!高身長から放たれるロングスロー

さてGK鈴木選手のプレースタイルですが、体格を生かした安定したセービングと攻撃の起点になるプレーが最大の特徴です。

18歳でありながら、身長がすでに190cm近くあり、クロスやハイボールの対応はもちろんですが、どのシチュエーションでもシュートへの反応が早く安定感があります。

ユース年代では間違いなくトップのゴールキーパーだと思います。

年齢的にも身長がまだまだ伸びる可能性があるので、体格を生かしたプレーにもっと磨きがかかるのも楽しみです!

また、強みはセービングだけではなく、すでにプロレベルで世界に通用する武器があります。

それは、”キックとロングスロー”です。昨年ブラジルで開催されたU-17W杯でのロングスローは話題になりましたね。

その時のプレー動画がこちらです。

これだけ遠い所へ投げられるだけでもすごいですが、その正確さと味方が取りやすいボールスピードや弾道で供給できる技術には驚きました!

現代のサッカーにおいて、GKは守備だけでなく、攻撃面においてもとても重要なポジションです。

相手の攻撃を止め、ビルドアップやカウンターの起点になり、一気に状況を変えられるポジションだというのもポイントです。

このようなプレースタイルで思い浮かぶ選手といえば、浦和レッズの正ゴールキーパー・西川周作選手が挙げられますね。

西川選手は、日本を代表するGKであり、キックの精度が高く、攻撃の起点となるGKのお手本のような選手です。

改めてパントキックに注目して見てみるとやはり群を抜いています。

何よりボールの軌道が美しいですね。

ボールを落とす位置、回転、状況判断など計算されたパントキックということがわかります。

一瞬のスペースをつきライナー性の地を這うようなパントキックで、ピンポイントで攻撃のチャンスを作り出せる、Jリーグで1番キックの上手いGKではないでしょうか。

まだ若い鈴木選手にとっては、同じチームに所属する西川選手の近くで多くを学び、吸収できる環境があります。

Jリーグ1GKの元でこれからさらにレベルアップした鈴木選手を、オリンピックなどの世界の舞台でみたいですね!!

Jリーグクラブの紹介記事はこちらから↓

横浜Fマリノスのイケメンは誰?2020年のメンバーを紹介!!

浦和レッズのイケメン選手【2020年版】はこちら!

鹿島アントラーズのイケメン選手は?伝統を受け継ぐジーコスピリットの秘密

川崎フロンターレのイケメン2020は誰?気になる選手紹介!!

FC東京・ユース出身選手は誰?気になる選手紹介!!

サンフレッチェ広島イケメンメンバー2020はこちら!注目は?

また個人的に海外クラブからご紹介したいのは、マンチェスター・シティのGKであるエデルソン・モラエス選手ですが、本当に素晴らしいGKの一人です。

現代サッカーの最先端のGKと言ってもいいと思います。

左利きであることと、蹴り方や足裏でボールを持つそのスタイルが西川選手にも似ているなと感じています。

またエデルソン選手はカウンターはもちろん、例え相手チームの守備体制が整っていたとしても通せるキックがあり、まるでディフェンダーの一人のような異次元を行く選手です。

もちろん、ボールポゼッションにこだわりを持つグアルディオラ監督のマンチェスター・シティだからハマっている、というプレーが多くありますが、ボールスピードが全く落ちないで味方に届くその様子はまるでイチローのレーザービームのようです。

鈴木選手にはJリーグ1のGKから多くを吸収し、攻撃的なGKという意味で将来的には日本のエデルソンになって欲しいなと、密かに楽しみにしています。



鈴木彩艶:出身中学・高校は?当時の映像も!

鈴木選手の出身学校についてですが、ネット上では中学校はさいたま市立木崎中学校、高校は浦和東高校もしくは浦和麗明高校と言われていますが、正確な情報は残念ながら見つかりませんでした。

しかしジュニア時代から浦和レッズに所属していたため、出身である埼玉県さいたま市の地元の学校を卒業しているだろうと予想できます。

とはいえU-15からすでに日本代表に選出され、浦和レッズジュニアユースでもすでにその存在感を発揮していたのでは!と思ったら、出身の中学・高校にとってもとても誇らしい事だったのではないでしょうか。

こちらは17歳当時のインタビュー映像です。

当時高校2年生とは思えない落ち着きが感じられ、見て驚いた方も多かったのではないかと思います。

また16歳でありながら飛び級でU-20に選出されたというのも納得できますし、そのメンバーとしても違和感なく馴染めていたのではないでしょうか。



J1リーグ浦和レッズ所属の鈴木彩艶(すずきざいおん)選手:インスタやツイッターは?

鈴木選手はインスタもツイッターもアカウントがあるようです。

どちらも’’鈴木彩艶’’もしくは’’ZIONSUZUKI’’と検索すると見つけることができます。

本人認証マークはまだついていませんが、申請すればすぐに認証されそうですよね。

投稿数はまだあまり多くありませんんが、節目ごとに記録をつけているという印象です。

これからさらに話題になりフォロワー数も伸びること間違いなしなので、皆さんも要チェックです!!

最近のインスタグラムではこんな投稿がありました。

現在はこちらのグローブを使っているのでしょうか!

シンプルながらゴールドがカッコよく、鈴木選手にとてもよく似合いそうです!



J1リーグ浦和レッズ所属の鈴木彩艶(すずきざいおん)選手:読み方は?どこのハーフ?家族構成は?

さて、これまで鈴木選手の名前について触れていませんでしたが、読み方は’’彩艶’’と表記し、’’ざいおん’’と読みます。

こちらは浦和レッズ公式チャンネルの動画です。

最初に’’すずきざいおん’’と自己紹介をしています。

ローマ字表記では、’’SUZUKI ZION’’とされていますが、日本語読みをするのあればザイオンと読ませるという事なのでしょうか。

ちなみに鈴木選手はあだ名としてもザイオンで呼ばれているようです。

名前の漢字も読み方もとても印象的ですので、一度見聞きしたら覚えてしまいますね!

動画では、鈴木選手が普段取り組んでいる腕立て伏せのトレーニングを3種類紹介されていて、一般人でも取り組めるように解説もされているので、とても分かりやすいです。

さて鈴木選手はハーフの選手ですが、お父さんがガーナ人・お母さんが日本人のご家族のようです。

兄弟がいるかどうかは残念ながらわかりませんでしたが、生まれはアメリカ合衆国でその後埼玉県で育ったとのことで、国際色豊かなご家庭という印象です。

以上、活躍が期待されている大注目のGK・鈴木彩艶(すずきざいおん)選手についてご紹介しました。

近い将来日本を代表する守護神になることを楽しみに、応援しています!!