三笘薫みとまかおるの年俸は?プレースタイル解説!代理人契約で移籍秒読み?期待の川崎フロンターレ!

今回は、最近話題になっている川崎フロンターレ所属の、三笘薫(みとまかおる)選手についてご紹介します。話題になっているその魅力的なプレースタイルについて詳しく取り上げます。

目次

川崎フロンターレ所属三苫薫じゃなくてたけかんむりの三笘薫(みとまかおる):注目の年俸やプレースタイルとポジションは?サッカー日本代表入りか?!

三苫でなくたけかんむりの三笘薫(みとまかおる)選手!

まずは三笘薫(みとまかおる)選手のプロフィールです。
年俸は大卒Jリーガー1年目という事で、C契約を結んだとして
推定ではありますが最高年俸460万円と思われます。

三笘 薫(みとま かおる)選手

生年月日:1997520
出身:神奈川県川崎市
身長/体重:178cm/71kg
ポジション:MF
背番号:18
利き足:右(27.5cm)

気をつけたいのは、漢字が’’三笘’’であることでしょうか。

ケータイやパソコンの文字変換では’’みとまかおる’’と入力すると、’’三苫薫’’と表示されてしまいます。

正しくは’’ 三笘薫’’と、たけかんむりの字が正しい三笘選手です。

川崎フロンターレの選手アンケートページで、三笘選手がこのことについて回答されていたので、やはりご本人としてもその都度気になっていることなのでしょう。

川崎フロンターレの記事はこちらから→川崎フロンターレのイケメン2020は誰?気になる選手紹介!!

若手注目の田中選手の記事はこちらから→田中碧たなかあおのプレースタイルとは?年俸はどれくらい?

さて本題です。

先に行われた試合でも活躍が話題になっていた三笘選手ですが、そのプレースタイルはどんなものでしょうか。

まずはこちらのプレー動画をご覧ください。

動画のタイトルにもされている様に、三笘選手の武器はドリブルですね。

左サイドの右利きという点やソックスを膝上まであげて着用しているところがネイマール選手の様な雰囲気を感じますね。

さて、三笘薫(みとまかおる)選手のドリブルですが、ポイントがいくつかあります。

まずは、ドリブルのコース取りが挙げられます。

三笘薫(みとまかおる)選手のドリブルは、絶好の”スペース”に進入していくドリブルではなく、”人”に仕掛け、ゴールに直結するルートで運んでいます。

特に相手のゴール前では、11の状況に勝つと、ビックチャンスが訪れます。三笘選手は、11での勝負が得意なので、人に対して仕掛けていることが分かります。また、ペナルティーエリア内で倒されるシーンが多いのも、人に仕掛けているからだと思います。

11になる様な場所と状況をつくり出すことも三笘選手の特徴の一つですね。先日、中村憲剛選手のFC東京戦でのバースデー弾をアシストしたシーンはまさに11になるコース取りと状況をつくったシーンだと思います!

中村憲剛選手の引退記事はこちらから→川崎Fの中村憲剛選手の現役引退理由は怪我か年齢か?会見で発表!

何か、三笘薫(みとまかおる)選手がボールを持つと、ターゲットを決めて仕掛けている様な雰囲気がありますね。

次は、スプリント・スピードです。

映像では、そこまで全力で走っている様には見えませんが、三笘選手の走りは陸上選手の様です。

ストライドが大きいのにボールタッチが細かく、対峙した選手は、いつの間にか対応できる位置から外されている感覚になっていると思います。

相手DFの体の向きが変わった瞬間に加速する。巧みなドリブラーですね。

海外移籍や日本代表へと期待している人も多いのではないでしょうか。国際試合で必要な、局面を打開する個を持っている選手ですので、今後の動向も楽しみですね!

川崎フロンターレ所属の三苫薫じゃなくてたけかんむりの三笘薫(みとまかおる)選手:川崎フロンターレのゴールチャントは?

チャントとはクラブや選手を応援するためのコールや応援歌のことでしたね。

基本的には、選手の名前やその特徴などを短いフレーズで繰り返して歌う(叫ぶ?)ものです。

このチャントはいたるところで発生し、その度に大きく会場が盛り上がるわけですが、やはり1番の盛り上がりといえばゴールが決まった時でしょう!

残念ながら番組は終わってしまいましたが、Jリーグのチャント特集はこちらから→
やべっちfc見逃し動画5月26日やべっちサッカーミュージック

会場がさらに一体となり、点を取ったクラブにさらに勢いを与えてくれます。

この様な雰囲気作りはやはりサポーターにしかできないことの一つですし、みんなで取った1点という感じがあり、個人的には試合で1番楽しい瞬間だなと思います。

毎年選手の入れ替わりがある世界でありながら、Jリーグにはこのようなチャントが無数に存在しており、サポーターの熱意が感じられます。

ちなみにドイツ・ブンデスリーガ FCバイエルン・ミュンヘンのゴールソングはこちらです。

バイエルンの記事はこちらから→バイエルンミュンヘン監督は元ドイツ代表コーチ!!完全復帰!ブンデスリーガ5月16日に無観客で再開!

日本人なら誰しもがかけ足をしたくなる、そんな選曲だなと思うわけですが、こちらは2019シーズンより新しく採用されました。

一応日本と同様にチャント自体はあるのですが、どちらかというとサポーターが歌うための歌という要素が大きく、ゴールに対しての盛り上げは、会場のアナウンスが引っ張ってくれるという感じでしょうか。

海外のゴールシーンを見たことがある方はイメージできると思うのですが、例えば同じくFCバイエルン・ミュンヘンの会場はこの様な雰囲気になります。

アナウンスも我を忘れてゴールを喜び、会場を煽りまくる、そんな感じが伝わればよいです。

もちろんサポーターの人数や会場の収容人数にも大きく差はありますが、チャントというものをJリーグと比べると、やはりその雰囲気は違いますね。

個人的には、選手一人ひとりのイメージに合わせて様々な曲や馴染みのフレーズを当てはめてサポーターで共有するJリーグのチャントは、やはりすごいなと思います。

短いフレーズの中にキャッチーな言葉が組み合わせられており、誰もが1度聞いただけで覚えられ、口ずさみたくなります。

その替え歌の技術は毎度素晴らしく、選手やクラブへの愛がとても感じられます。

さて前置きが長くなりましたが、三笘薫(みとまかおる)選手のチャントはこちらです。

みとまかおる バモ バモといった具合ですが、この’’バモ’’がなんぞやということです。

サッカーの試合を多く見る方なら、他にもどこかで聞いたことがあるかもしれません。

この’’バモ’’ですが、実はスペイン語のVamoVamosが由来となっており、’’行け!’’、’’がんばれ!’’という様な意味でサッカーでは使われています。

こんな外国語をさらっとチャントに入れ込めるのはなんとも器用で、日本人の得意とするところと感じます。

小技を利かせているという感じで、チャント一つを取り上げてみてもとても愛らしい気持ちになりますね。

こちらは川崎フロンターレのチャント集です。

残念ながら三笘選手は入っていないのですが、その他の選手のチャントがまとめられているので、試合前の会場の雰囲気がわかります。

チャントによってサポーター同士はもちろん、選手ともつながり、会場がどんどん温まっていく感じがしますよね。

今はまさに、試合中のチャントどころか応援の声かけも制限されているため、残念ながらなかなか出番がありません。試合中の歓声やチャントが懐かしいばかりですが今しばらくの辛抱でしょう。

川崎フロンターレ所属の三苫薫じゃなくてたけかんむりの三笘薫(みとまかおる)選手:イケメン選手!筑波大学出身で高校時代は?

さて三笘薫(みとまかおる)選手といえば、先日大学を卒業し川崎フロンターレとプロ契約をした、まだまだ若い選手です。

三笘選手の経歴を振り返ってみると、川崎フロンターレへはU-10から所属しています。

その後、小・中・高校時代を川崎フロンターレユースのU-10,U-12,U-13,U-15,U-18で過ごしています。

サッカーを始めたのは6歳の頃でお兄さんの影響だったそうです。

順調にユースでの経験を積んでいましたが、U-18ではプロ入団の話を蹴り大学進学を選択しています。

「プロでやるには個人の能力も足りてないと感じていた。それに、『サッカーで飯を食べていく』とは決めていたけど、自分からサッカーを抜いたときの人間性も大切にしたいと考えていた」として、大学進学を選んだ。

という経緯があったとインタビューで語っていましたが、本気で考えているからこそ、今後を冷静に判断し決断したという感じがします。

ただ個人的には、やはりプロ昇格を目の前にしてのこの決断はすごく難しいと感じました。

実際三笘薫(みとまかおる)選手は筑波大学3,4年次代にはタイトルが取れていないなど苦労した時期もあった様です。

筑波大学も勝ち上がり中の天皇杯に関してはこちらから↓

予選速報で結果は?第100回天皇杯2020!注目のクラブチームや選手は?

2020天皇杯のDAZNはなしで準決勝~決勝のスタメンは?目指せ国立!

そんな時期を経て川崎フロンターレへプロとして復帰することになり、今やクラブに欠かせない選手の一人となり、その運や実力も三笘選手がこれまで努力しサッカーに向き合ってきた結果なのだと思います。

さてそんな三笘選手は現在23歳のまだまだ若手選手ですが、その活躍とともにイケメン!ということでも注目を集めています。

こちらに「11秒チャレンジ」という企画がありました。

この企画の中で、自分の魅力の一つに’’笑顔’’をあげていましたね。

(直前に取材を受けていた同期の旗手怜央(はたて れお)選手からの流れが影響していそうですが。)

とはいえ、やはり試合中の真剣な表情とは対照的で、確かにとても魅力的ですよね。

実はFINEBOYSという雑誌の企画でモデルもしていました。

あどけなさも残りつつ、試合ではみない普段の三笘薫(みとまかおる)選手の雰囲気が逆に、新鮮ですね。

身長も178cmと比較的大きく、選手ならではの筋肉もまた魅力の一つでしょう!

川崎フロンターレのイケメンの代名詞である谷口省吾選手につづき、これからの活躍も注目されつつ、メディアへの出演も増えていきそうですね!

川崎フロンターレ所属の三苫薫じゃなくてたけかんむりの三笘薫(みとまかおる)選手:インスタ・ツイッター公式アカウント!兄弟はお兄さん!俳優の松重豊さんの家の隣だった!なんとなでしこジャパンで日テレベレーザの三浦成美選手も幼馴染!

三笘薫(みとまかおる)選手はインスタもツイッターも公式アカウントがあります。

どちらも認証マークがついているので、見つけやすいと思います。

更新頻度としてはインスタの方が多く投稿されている印象ですが、ツイッターでもほっこり嬉しい場面に出会えるのでご紹介します。

今シーズンでの引退を発表した中村憲剛選手とのワンシーンです。

ラジオ日本イゴフロで空洞のなかみを出した俳優の松重豊さんの家の隣に三笘薫(みとまかおる)選手がいたそうです!松重さんの家でゲームをした過去が!なでしこジャパンで日テレベレーザの三浦成美選手も幼なじみ!

三笘薫(みとまかおる)選手本人では自分の映像はなかなか残せないので、とても貴重な動画だと思います。

川崎フロンターレでは特にチーム内の雰囲気が良いなと感じることが多く、こんな一幕もその一つですよね。

さて、先の見出しでも少し触れましたが、三笘選手にはお兄さんがいらっしゃり、その影響でサッカーを始めた経歴があります。

兄弟はお兄さんだけで、三笘選手は弟ということになります。

お兄さんは現在も趣味でサッカーを続けているそうですが、お父さんは陸上、お母さんはバレーをしていたなど、スポーツに長けたご家族だという印象です。

三笘選手の運動のセンスはご両親から受け継いだのかもしれませんね!

そして、びっくりエピソードが披露されました!
ラジオ日本イゴフロで、
空洞のなかみを出した俳優の松重豊さんから
家の隣に三笘薫(みとまかおる)選手がいたそうです!
松重さんの家でゲームをした過去が!すごい偶然ですね!

そして、芸能人だけでなく、
日テレベレーザ所属でなでしこジャパンにも選出されている
三浦成美選手が幼馴染だという事が分かりました!

女子プロサッカーリーグの記事はこちらから→WEリーグの年俸は?参加予定クラブは?なでしこリーグからプロ化のクラブは?

三笘薫選手もSAMURAI BLUEサッカー日本代表に選出されて
ともに高みを目指してほしいですね!

川崎フロンターレ所属の三苫薫じゃなくてたけかんむりの三笘薫(みとまかおる)選手:海外移籍の可能性は??海外移籍も視野に野球も手掛ける代理人団野村(ダン野村・だんのむら)さんと契約!

代理人団野村(ダン野村)さんの実母はサッチー事野村沙知代さんで、継父は、野村克也さん!

さて、三笘薫(みとまかおる)選手の活躍が話題になるにつれて、現在23歳ということもあり海外移籍が噂されています。

野球界では有名な代理人の団野村(ダン野村)さんと契約したというニュースが入ってきて、海外移籍も秒読み段階なのではないかとささやかれています。
噂レベルですが、海外クラブのスカウトが最優先事項で三笘薫(みとまかおる)選手をピックアップしろという指示が出ているそうです。

個人的には前回の記事でも少し触れていますが、(こちらもご覧ください→2020注目のドルトムント!スタメンと気になるフォーメーションは?!)

やはりボルシア・ドルトムントだけでなくドイツ・ブンデスリーガにおいて日本人選手が,、また活躍することを密かに楽しみにしている身としては、そろそろ三笘選手も?とワクワクしているのが正直なところです。

その気になる海外移籍ですが、ドイツの他にもスペインやポルトガルなども候補として上がりそうですね。

しかし代表として選出され、国際試合での活躍がない限りはやはり目にとまらないので、まずの1歩としては代表に選出されるという課題があります。

とはいえ、大型ルーキーと言われ、今季優勝確実と言われる大注目の川崎フロンターレの中でも、すでに十分な活躍と存在感を示しています。

先日のオランダ遠征では新型コロナウイルスの影響もあり海外にいる日本人選手が召集されましたが、その制約がなければ三笘薫(みとまかおる)選手も十分にメンバー入りの可能性もあったと思います。

海外移籍のためにはまずは、今後の代表活動にどれだけ食い込めるかというポイントはありますが、川崎フロンターレ出身の先輩選手である板倉選手に引き続き、その実力を海外に示して欲しいですよね!

以上、その活躍が大注目されている三笘薫選手についてご紹介しました。

これからが期待されている選手の一人ですので、今後の活躍を楽しみに応援しています!