メンバーは?U23サッカー日本代表AFCU23選手権タイ2020

2020年東京オリンピックイヤー1発目の大会はAFCU-23選手権タイ2020です!12月29日(日)にU-23サッカー日本代表のメンバー・スケジュールが発表されます!JFA TVで11:0から生放送されるので、これは全力待機したいと思います!大会は2020年1月8日(水)から26日(日)まで行われます。

目次

2020jfaU23サッカー日本代表AFCU-23選手権タイ2020メンバー・日程発表!

マジョルカ久保建英選手、PSV堂安律選手、フローニンゲンの板倉滉選手、ボローニャの冨安健洋選手らは呼べるのか?

▽GK
小島亨介(大分→新潟)
大迫敬介(広島)
谷晃生(G大阪)

▽DF
渡辺剛(FC東京)
町田浩樹(鹿島)
立田悠悟(清水)
岡崎慎(FC東京)
古賀太陽(柏)
橋岡大樹(浦和)

▽MF
相馬勇紀(鹿島)
森島司(広島)
田中駿汰(大阪体育大→札幌)
遠藤渓太(横浜FM)
旗手怜央(順大→川崎F)
食野亮太郎(ハーツ)
松本泰志(広島)
杉岡大暉(湘南)
田中碧(川崎F)
菅大輝(札幌)
齊藤未月(湘南)
田川亨介((FC東京)

▽FW
小川航基(水戸)
上田綺世(鹿島)

メンバーがわかり次第更新予定です。
今回も海外組に召集レターを出しているのでしょうか?
果たして彼らは選出することはできるのでしょうか?

前回のキリンチャレンジカップの結果はこちらから→U22サッカー日本代表キリンチャレンジカップジャマイカ戦メンバー

機材トラブルでライブ配信は中止になりました!メンバー発表のみ!

なかなかYouTubeでのライブ配信が始まらないのでどうしたのかと思ったら、
機材トラブルのようです。
その間ツイッターではメディア関係でメンバーが流れていました。
こんなこともあるんですね~

【中止】【LIVE】U-23日本代表メンバー記者発表~AFC U-23選手権タイ2020(1/8~26) ~

海外組選手らも選出なるか!?シティ→ハーツの食野亮太郎選手選出!久保建英選手や堂安律選手は選外です

E1選手権でA代表デビューした選手も絡んで着ての熾烈なレギュラー争いになると思います!
E1選手権男子代表のメンバーはこちらから→E1のメンバーは?SAMURAI BLUEサッカー男子日本代表発表!

逆に、年末のジャマイカ戦で上がってきたメンバーはその椅子を確保できるのでしょうか?個人的な注目ポイントはそこですね!
ちょっと厳しいとは思いますが、下からの突き上げがチームを強くすると思うので、
ぜひ頑張ってほしいです!

海外組である、山口瑠伊選手、小久保玲央ブライアン選手、中山雄太選手、安部裕葵選手、前田大然選手ら5人の海外組、小久保玲央ブライアン選手、東俊希選手、一美和成選手ら初選出組、など、アンダー世代に選ばれている選手がスカウティングによって引き上げられています。色々な意見があると思いますが、日本の育成は着実に結果を残しているのではないでしょうか。

やはり国内組中心の選出となった印象です。
それで言うと、東俊希選手のFKは良かったので選ばれてほしかったですが、個人的には岡崎慎選手を推したいです。
また、A代表での森島司選手の組み立ても良かったので、こっちも注目です!
食野亮太郎選手はグループリーグだけの参加予定ですが、現在出場交渉中だそうです。

各選手の年代別での招集記事はこちらから→U20ワールドカップ2019サッカー日本代表スタメンメンバー発表

→U18サッカー日本代表AFCU19選手権2020予選メンバー発表

日本はグループBでカタール、サウジアラビア、シリアと対戦!

グループA:タイ・イラク・オーストラリア・バーレーン
グループB:日本・カタール・サウジアラビア・シリア
グループC:ウズベキスタン・韓国・中国・イラン
グループD:ベトナム・朝鮮民主主義人民共和国・ヨルダン・UAE

各グループ1位、2位がノックアウトステージに進出します。
ユース年代はまたトップ代表と違いますが、
もはやどこの国が盤石というよりは、実力拮抗の群雄割拠な時代になっていると思います。
アジアカップで日本はカタールに敗れて準優勝でしたが、
若い人たちにはその雪辱を果たしてほしいですね!



2020jfaU23サッカー日本代表1月5日(日)タイトレーンぐキャンプ練習試合サムットプラカーン・シティーFC戦スタメン発表

注目のメンバーは誰に?

U-23日本代表、タイ1部クラブに5-0で勝利~AFC U23選手権タイ2020(1.8~26)

U-23日本代表は1月5日(日)、バンコク市郊外でタイ1部リーグのSamut Prakan City FCと35分×2本の練習試合を行い、5-0で勝利しました。

事前キャンプの最後に組まれたこの練習試合。元鹿島アントラーズの石井正忠監督率いる相手チームは始動したばかりで、日本も身体が暑さに順化しきれていないなか、初のフルピッチでの練習試合となりました。キックオフ時の気温は35℃。「球際に激しく、チャレンジしていこう」「テンポ良くボールを動かして、今の状態をしっかり上げていこう」と森保監督は選手たちをピッチに送り出します。

相手にチャンスを多く与えず、U-23日本代表は攻撃陣が得点を重ねます。2ゴールを挙げたのは田川亨介選手。「前からいこうと話していた。E-1選手権から学んできたものが出せた」の言葉通り、いずれもチームとしていいディフェンスから得点へとつなげました。上田綺世選手は左サイドからのクロスに合わせて1得点。このほか、食野亮太選手、また「FWは点を取って波に乗る。ここからもっと上がる」と話した小川航基選手がロングシュートを決めています。

情報が入り次第更新予定です。
がんばれニッポン!!

元鹿島の石井正忠監督が率いているクラブチーム
サムットプラカーン・シティーFCとの練習試合です!

地上波放送はテレビ朝日系列!結果は?食野亮太郎選手らのゴールで5-0で勝利!

2020年を占う大会になると思うので、
ぜひ結果を残してほしいですね!

田川亨介選手2ゴール、上田綺世選手、食野亮太郎選手、小川航基選手らのゴールで
5-0で勝利!
初戦サウジアラビア戦に向けて良いスタートを切ったと思います!
頑張れニッポン!!



2020jfaU23サッカー日本代表1月9日(木)AFCU-23選手権タイ2020サウジアラビア戦スタメン発表。

注目のメンバーは誰に?食野亮太郎選手先発!

GK
大迫

DF
渡辺
杉岡
岡崎
古賀
橋岡

MF
田中駿
田中碧
食野

FW
小川
旗手

情報が入り次第更新予定です。
がんばれニッポン!!

スコットランドリーグハーツ所属の食野亮太郎選手が先発です!
唯一の海外組で頑張ってもらいたいと思います。

地上波放送はテレビ朝日系列!結果は?1-2で敗戦

2020年を占う大会になると思うので、
ぜひ結果を残してほしいですね!

前半9分、サウジアラビアの強烈なシュートをGK大迫選手ナイスキーパー!
前半25分、旗手選手のシュートは枠外に!
前半29分、サウジアラビア7番の半端ないシュートがDFにあたって変化も大迫選手スーパーセーブ!
前半29分、日本のペナルティエリア内のプレーでVARPKチェック、PKではなったようです!
前半36分、オフサイドも旗手選手の抜け出し、そこへのパスは素晴らしかったです!
前半43分、食野亮太郎選手のシュートは枠外に。
前半アディショナルアイムは2分です。

後半47分、サウジアラビア10番のシュートが決まり日本先制を許す。0-1。
後半50分、日本CKから惜しいシュートもDFがブロック。
後半56分、食野亮太郎選手のミドルシュートがDFにあたり同点!1-1。
後半71分、小川航基選手に代えて、上田綺世(鹿島)選手を投入。
後半43分、パスミスからGK大迫選手がペナルティエリア内で相手と接触?VARで確認です。岡崎選手が足を踏んでイエロー。PKを決められて1-2です。
後半アディショナルタイムは4分です。
相馬選手、田川選手を投入。
試合終了。日本は1-2で敗戦です。
集中を欠いたプレーがあったのはちょっと残念だと思います。



2020jfaU23サッカー日本代表1月12日(日)AFCU-23選手権タイ2020シリア戦スタメン発表。

注目のメンバーは誰に?先発6人入替!食野亮太郎選手先発!

GK 12 大迫敬介(広島)
DF 3 渡辺剛(FC東京)
DF 15 岡崎慎(FC東京→清水)
DF 17 町田浩樹(鹿島)
DF 22 橋岡大樹(浦和)
MF 6 齊藤未月(湘南)
MF 10 食野亮太郎(ハーツ)
MF 14 森島司(広島)
MF 16 相馬勇紀(鹿島→名古屋)
MF 21 松本泰志(広島)
FW 13 上田綺世(鹿島)

情報が入り次第更新予定です。
がんばれニッポン!!

サウジアラビア戦から先発を6人入れ替えてきました。
個人的な推し選手は齊藤未月選手です。彼のボール奪取能力はカンテ並み??

食野亮太郎選手と上田選手には得点を期待したいと思います!

地上波放送はテレビ朝日系列!結果は?相馬勇紀先制!も1-2で敗戦

2020年を占う大会になると思うので、
ぜひ結果を残してほしいですね!

前半4分、シリアは縦の突破からシュートも大迫ナイスセーブ!続くCKのヘディングシュートは枠外に。ペナルティエリア内でのVARチェックで町田選手のキッキングでPKです。
前半6分、シリア9番がPKで先制。0-1
前半14分、シリアのヘディングシュートは枠外に。
前半25分、上田選手のシュートはゴール左に。
前半29分、相馬選手のミドルで追いつく!1-1
前半39分、齊藤選手のロングシュートは枠外。
前半アディショナルタイムは2分です。

後半51分、日本FKからのヘディングシュートは枠外に。
後半54分、CK上田選手のヘディングシュートは枠外に。
後半65分、食野亮太郎選手に代えて、田川選手を投入。
後半76分、綿羽選手に代えて、立田選手を投入。
後半82分、上田選手へ絶妙なクロスも決められず。
後半、森島司選手に代えて、旗手選手を投入。
後半87分、シリアカウンターから2点目。1-2
後半アディショナルタイムは4分です。
旗手選手のドリブルシュートはキーパーナイスセーブ!
試合終了。日本は1-2で敗戦。GL敗退です。



2020jfaU23サッカー日本代表1月15日(水)AFCU-23選手権タイ2020カタール戦スタメン発表。

注目のメンバーは誰に?小川航基選手先発!

GK

12 大迫敬介(広島)

DF

2立田悠悟(清水)
22 橋岡大樹(浦和)
17 町田浩樹(鹿島)

MF
5 杉岡大暉(鹿島)
7 田中駿汰(大阪体育大)
8 田中 碧(川崎)
10 食野亮太郎(ハーツ)
16 相馬勇紀(名古屋)
19 旗手怜央(順天堂大)

FW 9 小川航基(磐田)

情報が入り次第更新予定です。
がんばれニッポン!!

怪我の渡辺選手らは覗いても、
3戦目にしてバランスをとってきた印象があると思います。
グループリーグ敗退は決まりましたが勝ってほしいですね!

地上波放送はテレビ朝日系列!結果は?前半アディショナルタイムでVAR田中碧選手レッドカード退場。10人と数的不利も小川航基の得点で1-1の同点

2020年を占う大会になると思うので、
ぜひ結果を残してほしいですね!

4バックの可能性もありましたが、やはりスタートは3バックですね。
食野選手と旗手選手の2シャドー、左WB杉岡選手(キャプテン)、右相馬選手です。
前半5分、旗手選手がサイドに流れてクロス、中が合わせられず。
1トップと2シャドーの選手間の距離をコンパクトにしたいですね。
前半13分、田中選手のフィードに反応した旗手選手が抜け出すもオフサイド。
前半18分、食野選手と小川選手のワンツーからFKもノーチャンス。
前半21分、相馬選手のクロスから杉岡選手のシュートは惜しくもゴール右に切れる。
試合が少し止まった時の給水タイム、選手同士のコミュニケーションを活発にしてほしいですね。
前半28分、中盤の奪われ方が悪く、前2試合の失点のようなカウンターを食らう
所でした。
前半30分、タックルが遅れた相馬選手にイエローカードが出ています。
前半32分、カタールのシュートはキーパー正面。
前半34分、クロスを食野選手が折り返して旗手選手絶好のシュート機会もノーチャンス。
前半36分、CKから日本惜しいヘディングシュート、そのあとの食野選手のシュート性のクロスも惜しかった。
前半42分、相手のハンドから日本FK、一旦作り直して、相馬選手のフィードから田中駿汰選手のシュートは枠に行かず。これは決めたかったと思います。
前半アディショナルタイムは2分です。
VARでレッドカードチェックが入っています。先にボールに行っていると思いますが、退場です。後から7番の選手が飛び込んできて田中選手の着地際足裏がかかってますが、これでレッドカードはちょっと厳しいのではないかと思います。中東の笛と言われても仕方がないのかなと。

後半開始、旗手選手に代えて、齊藤未月選手を投入。4-4-1で橋岡選手が右サイドバックに。
厳しい状況でもひっくり返す意地を見せてほしいと思います!
前半2分、食野選手のカットインからのクロスは惜しかった。その後のボールの失い方はよくないと思いますが。
後半5分、カタールのミドルシュートは枠外。
後半9分、DFの対応が遅れて深い所からクロスを上げられ、カタールのシュートは枠外に。
後半23分、カタールのFKは枠外。小川選手は相手に触れてないと思うのですが。。
後半27分、小川選手のミドルシュートが突き刺さる!1-0
後半34分、カタールPK獲得しゴールで同点1-1。
今回も齊藤選手が先にボールに触っているように見えますが、VAR画像チェックも発動されず。VARの意味とは?判定基準が知りたいと思います。
後半37分、食野亮太郎選手に代えて、田川亨介選手を投入。
後半39分、相馬選手へのアーリークロスはわずかに合わず。
後半40分、田川選手から小川選手でシュートもキーパーキャッチ。
後半43分、相馬選手に代えて、松本選手を投入。
後半アディショナルタイムは4分です。
カタールのCKはシュート枠外。
後半48分、日本のFKは合わず。
試合終了。1-1の同点です。



2020U23男子サッカー日本代表スケジュール、結果、試合日程発表、テレビ放送、放送時間情報など

今年はオリンピックイヤーです!
東京オリンピック世代は気合が入っていると思います。
オーバーエイジ枠でも、本田圭佑(ほんだけいすけ)選手などは出る気満々!
森保監督もサバイバルの頂点がオーバーエイジであれば起用する事もある、
と言っているので、誰がこの枠に飛び込んでくるのでしょうか?

個人的には、勝ちに行くならセンターラインの補強でOA枠を使いたいです。
CB冨安健洋(とみやすたけひろ)選手、ボランチで柴崎岳(しばさきがく)選手や大島僚太(おおしまりょうた)選手、FWで大迫勇也(おおさこゆうや)選手などが注目です。
将来を背負って立つ爆発成長枠で、鈴木優磨(すずきゆうま)選手は激推しです!

キリンチャレンジカップの結果など詳細はこちらから→U22サッカー日本代表キリンチャレンジカップジャマイカ戦メンバー
ブラジル遠征の結果など詳細はこちらから→めしのら選出U22サッカー日本代表ブラジル遠征メンバー・日程発表、めしのりょうたろう、すがわらゆきなり、たにこうせい、わたなべつよし

☆AFC U-23選手権タイ2020

2020年01月02日(木)~01月07日(火)トレーニングキャンプ@タイ
2020年01月05日(日)練習試合 vsサムットプラカーン・シティーFC 〇5-0
2020年01月09日(木)グループ vsサウジアラビア ●1-2
2020年01月12日(日)グループ vsシリア ●1-2
2020年01月15日(水)グループ vsカタール △1-1

☆国際親善試合

2020年03月27日(金)サンガスタジアム by KYOCERA vsU-23南アフリカ代表 TBS系列
2020年03月30日(月)博多の森球技場 vsU-23コートジボワール代表

☆国内トレーニングキャンプ@Jヴィレッジ

2020年05月17日(日)~05月19日(火)トレーニングキャンプ@福島

☆フランス遠征

2020年06月01日(月)~06月15日(月)

☆キリンチャレンジカップ2020

2020年07月06日(月)~07月17日(金) 国内トレーニングキャンプ@兵庫
2020年07月17日(木)ノエビアスタジアム神戸 vs.

☆第32回オリンピック球技大会@東京

2020年07月23日(木)~08月08日(土)



AFC U-23選手権タイ2020組み合わせ決定!jfaサッカー日本代表はグループBでカタール、サウジアラビア、シリアと対戦します。

日程は2020年1月8日から1月26日まで。2018年大会はベスト8でウズベキスタンに敗戦

グループA

チーム名 試合数 勝ち点 得失点差 得点 失点
1 タイ 1 3 5
2 イラク 1 1 0
3 オーストラリア 1 1 0
4 バーレーン 1 0 -5

グループB

チーム名 試合数 勝ち点 得失点差 得点 失点
1 カタール 1 1 0 2 2
2 日本 1 0 -1 1 2
3 サウジアラビア 1 3 1 2 1
4 シリア 1 1 0 2 2

グループC

チーム名 試合数 勝ち点 得失点差 得点 失点
1 ウズベキスタン 1 1 0
2 韓国 1 3 1
3 中国 1 0 -1
4 イラン 1 1 0

グループD

チーム名 試合数 勝ち点 得失点差 得点 失点
1 ベトナム 1 1 0
2 北朝鮮 1 1 0
3 ヨルダン 1 1 0
4 アラブ首長国連邦 1 1 0



トゥーロン国際大会2019U-22サッカー日本代表決勝ブラジル戦スタメン発表。

放送はNHKBS1で。初優勝なるか!

GK
オビ パウエルオビンナ(流通経済大)

DF
田中 駿汰 タナカ シュンタ(大阪体育大)
大南 拓磨 オオミナミ タクマ(ジュビロ磐田)
岡崎 慎 オカザキ マコト(FC東京)

MF
長沼 洋一 ナガヌマ ヨウイチ(愛媛FC)
舩木 翔 フナキ カケル(セレッソ大阪)
高 宇洋 コウ タカヒロ(ガンバ大阪)
岩崎 悠人 イワサキ ユウト(北海道コンサドーレ札幌)
田中 碧 タナカ アオ(川崎フロンターレ)

FW
小川 航基 オガワ コウキ(ジュビロ磐田)
旗手 怜央 ハタテ レオ(順天堂大)

トゥーロン国際大会2019のメンバーや各試合詳細などはこちらから→トゥーロン国際大会2019U-22サッカー日本代表メンバー発表

結果は90分で1-1、PK戦4-5で準優勝でした

前半18分にブラジル7番の選手に抜け出され失点0-1。
3バックの混乱をブラジルがうまくついている感じです。
前半38分小川航基選手がクリアミスを見逃さずシュート!1-1の同点。ブラジルは初失点か。
前半終了1-1。追いつけたのが大きいですね!

後半開始舩木翔選手に代えて、相馬勇紀選手を投入。
後半65分岩崎悠人選手に代えて、三笘薫選手を投入。
後半80分小川航基選手に代えて、神谷優太選手を投入。怪我の具合が心配です。
ロスタイムは4分も決着つかず、PK戦です!

PK戦は、相馬勇紀選手、三笘薫選手、神谷優太選手、長沼洋一選手まで決めて、最後旗手怜央選手が止められました。ブラジル相手によく頑張ったと思います!準優勝!

PK戦 1本目 2本目 3本目 4本目 5本目
ブラジル 5
日本 × 4