オビパウエルオビンナのプレースタイルは?注目の東京五輪候補GK!

今回は、最近横浜F・マリノスに復帰した、オビパウエルオビンナ選手についてご紹介します。気になるプレースタイルを一緒に見ていきましょう。
ACLでの活躍でも話題になりましたよね!U23サッカー日本代表候補としても期待したいと思います!

横浜F・マリノス所属オビパウエルオビンナ選手:気になるプレースタイルは?珍しいオウンゴール?ACLPKで大活躍!

まずはオビパウエルオビンナ選手のプロフィールです。

オビパウエルオビンナ(OBI Powell Obinna)

生年月日:19971218
身長/体重:193cm/87kg
出身地:埼玉県

背番号/ポジション:31/GK
ニックネーム:ポー

利き足:右足
星座/血液型:射手座/A

オビパウエルオビンナ選手の幼少期は、東大宮コスモスサッカースポーツ少年団にてクラブに所属し、その後大宮アルディージャジュニアに移籍しサッカーのキャリアを築いて来ました。

オビパウエルオビンナ選手のキャリアについて詳しくは、次の見出しでご紹介します。

オビパウエルオビンナ選手のプレースタイルですが、最大の特徴は長身をいかしたハイボールの対応と反射神経の良さでしょう。

ハイボールの対応は、コーナーキックやクロスボールの際にその技術は目立ちます。

オビパウエルオビンナ選手は長身で手足が長く、さらに身体能力も高いのでゴール前での混戦や競り合いの中でも安定した対応ができます。

オビパウエルオビンナ選手のようにハイボールが得意なGKがいると、相手選手は単純なクロスやコーナーキックではなかなかチャンスにならないので、対策が必要になりますね。

さらにオビパウエルオビンナ選手の特徴を挙げると、反射神経の良さがあります。

高身長ながら動きも速いのは特徴ですね。

高身長で動きが速いところは、まさに海外のゴールキーパーの様で、ベルギー代表のクルトワ選手(レアル・マドリード所属)やケイラー・ナバス選手(パリ・サンジェルマン所属)に特徴が似ているのかなと思います。

高身長の選手なだけでも特徴的ですが、その高身長なキーパーが苦手とする、スピードや反応をも強みに変えるオビパウエルオビンナ選手はヨーロッパのゴールキーパーに近い雰囲気を感じます。

30節の川崎フロンターレ戦での小林悠選手のPKをストップした場面でも、オビパウエルオビンナ選手の反応の早さが見られました。

高身長ながら低いボールにも強いですね!

この試合では、PKのシーンだけでなく今季Jリーグを制覇した川崎フロンターレの攻撃を何度も防ぎ、好セーブを連発していました!

また、先日行われたACLグループリーグ上海上港との試合で、00で迎えた後半、味方選手のファールで相手にPKを与える大ピンチもありましたが、オビパウエルオビンナ選手が元ブラジル代表MFオスカルのキックをスーパーセーブ。

ACLの記事はこちらから↓

先発や組合せは?ACL決勝トーナメント東京神戸横浜2020結果まとめ!

先発は?東京神戸横浜ACL2020グループリーグ結果まとめ!

最後は途中出場のMF天野純選手が決勝点を決め、勝利しました。

後半の難しい時間帯でのPKでしたが、冷静に対応しているところや自信がある雰囲気を見ると、PKが得意なのかなと感じました!

オスカル選手のシュートもスピードがあり難しいボールだと思いますが、反応が速く完璧なセービングですね!

以前の話ですがJ1公式戦デビューとなったGKオビパウエルオビンナ選手が最終ライン裏のスペースをカバーし、相手のスルーパスをクリアしたボールが味方に直撃し、そのまま無人のゴールへ転がり込むという、珍しいオウンゴールで失点したことが話題になりましたね。

なかなか珍しいゴールだったので、ネットで話題になりました。

しかしながらオビパウエルオビンナ選手にとって、苦いデビュー戦だったと思います。

この位置までキーパーが出てきてカバーしているところを見るとわかりますが、横浜F・マリノスはハイラインと呼ばれる、ディフェンスラインを高く設定したスタイルで戦っているため、ゴールキーパーが飛び出してクリアをするシーンがよくあります。

正直な感想を言えば、このシーンは少し不運だなと感じました。

ディフェンスラインを高く設定すると、最終ラインの裏をキーパーが対応するのか、それともディフェンダーに任せるのか、判断が難しいですね。

ただ世界には、マヌエル・ノイヤー選手(バイエルン・ミュンヘン所属)など、ディフェンスラインの裏をカバーする飛び出しに定評があるキーパーは多いです。

セービングやビルドアップ、キックだけでなく、広範囲に守備のカバーができることもキーパーには大切ですね。

手が使えるディフェンダーというところでしょうか。

ゴールキーパーの出来がとても重要な横浜F・マリノスで、多くの経験を積めることはオビパウエルオビンナ選手にとって大切で、今後の代表にも繋がっていきそうですね。



横浜F・マリノス所属オビパウエルオビンナ選手:栃木SCから横浜F・マリノスに復帰!流通経済大学出身の若手GK

さて、オビパウエルオビンナ選手は埼玉県の出身です。

地元と思われる、東大宮コスモスサッカースポーツ少年団にてサッカーのキャリアをスタートさせています。

その後は大宮アルディージャジュニアに所属し、2010年度よりJFAアカデミー福島U-15JFAアカデミー福島U-18に所属していました。

見出しの通り、オビパウエルオビンナ選手はその後は流通経済大学に進学しています。

当時からすでに頭角を表しており、大学一年生ながらすでに正ゴールキーパーを務めていた経験があるようです。

大学卒業後には横浜F・マリノスに入団し、20198月よりプロ選手として活動しているとても若い選手です。

Jリーグのイケメン選手特集もしています↓

柏レイソルの2020年イケメンメンバーは誰?注目選手はこちら!

横浜Fマリノスのイケメンは誰?2020年のメンバーを紹介!!

浦和レッズのイケメン選手【2020年版】はこちら!

鹿島アントラーズのイケメン選手は?伝統を受け継ぐジーコスピリットの秘密

川崎フロンターレのイケメン2020は誰?気になる選手紹介!!

FC東京・ユース出身選手は誰?気になる選手紹介!!

サンフレッチェ広島イケメンメンバー2020はこちら!注目は?

そのオビパウエルオビンナ選手ですが、20208月に栃木SCに育成型期限付き移籍をしています。

当初2021131日までの約半年間の移籍の予定でしたが、新型コロナウイルスの影響により予定変更がされたようで、20201027日のトレーニングから横浜F・マリノスに復帰しています。



横浜F・マリノス所属オビパウエルオビンナ選手:オリンピック世代のU23はどうなる?

オビパウエルオビンナ選手は間も無く誕生日を控えた現在22歳と、オリンピック世代の選手です。

新型コロナウイルスの影響で、男子サッカーにおける年齢制限について注目が集まっていました。

この東京オリンピックに出場する選手について、言いやすさとわかりやすさからU23の選手が!と考えてた方も一定数いると思います。

しかし大会としては当初から「199711日以降に生まれた選手と3名の追加選手」と方針を記載していたこともあり、このルールを維持する(U24)という事で決定しています。

そのため予定通り、オリンピック世代と言われている全ての選手たちに出場のチャンスが生まれました。

例年よりも1学年分増える事になるわけで、候補選手たちにもその影響は考えられますね。

ちなみに現在のオリンピックGK候補選手紹介記事はこちらです。

大注目!鈴木彩艶(すずきざいおん)選手の出身は?若手有望GK!!

東京オリンピック正GK?大迫敬介選手の出身中学と気になる年俸は?

山口瑠伊(やまぐちるい)はハーフでイケメンGK!

この1年で候補選手にどのくらい変化が起きるのか、メンバー選出が楽しみですね。



横浜F・マリノス所属オビパウエルオビンナ選手:ナイジェリアのハーフ?弟はアカデミーのサッカー選手!

オビパウエルオビンナ選手の出身は埼玉県ですが、お父さんがナイジェリア人、お母さんが日本人のご家族です。

以前ご紹介した小久保玲央ブライアン選手もナイジェリアのハーフでしたね!

ベンフィカ小久保玲央ブライアンの国籍は?ハーフ選手躍進の理由は?、こくぼれおぶらいあん

国籍は日本となっていますが、やはり日本人離れした身長と体格からのプレーは圧巻です。

個人的には、193cmの高身長と長い手足からの守備範囲が広く、GKとして非常に将来が楽しみな選手です。

そんなオビパウエルオビンナ選手ですが、同じくサッカーをしている弟さん、オビジェイズィオゲンナ(OBI Jayz Ogenna)選手がいらっしゃいます。

現在はオビパウエルオビンナ選手も所属していた、JFAアカデミー福島U-18に所属しているようです。

オビジェイズィオゲンナ(OBI Jayz Ogenna)
身長/体重:191cm/76kg
ポジション:FP

残念ながら写真はみつからなかったのですが、お兄さんのオビパウエルオビンナ選手同様、高身長の持ち主です。

オビパウエルオビンナ選手とはポジションが違うようで、フィールドプレーヤーの表記がされていました。

確認できる範囲での試合の記録を見ると、おそらくFWとして活躍しているのでしょうか。

プレー動画も残念ながら見当たりませんでしたが、おそらく高身長を活かしたヘディングなどが炸裂するのでしょうか。

現在は高校3年生のようですので、卒業後は大学進学かプロ契約か、近いうちに発表がされるでしょうか。

兄弟で、サッカー選手としてとても魅力的な経歴と能力を持った選手たちです。

近い将来、同じフィールドで戦う日が来るのでしょうか。兄弟で今後が楽しみですね!



横浜F・マリノス所属オビパウエルオビンナ選手:「フォースと共にあらんことを」インスタとツイッターで話題に!

オビパウエルオビンナ選手はインスタとツイッターのアカウントを持っており、比較的更新をしているようです。

どちらも公式のチェックマークがついているので、見つけやすいはず。

そんな中、話題になっていたのがこちらの投稿です。

この’’フォース’’とはなんぞやと思う方もいると思いますが、歴史的超大作のスター・ウォーズに出てくる祈りのセリフなのです。

「フォースと共にあらんことを (May the Force be with you.)

オビパウエルオビンナ選手の名前から、このようにスター・ウォーズを連想させる投稿はたびたびされているようです。

プレーだけでなく、SNSでのコメントもこれからは注目していきたいですね!

以上、移籍復帰後の活躍で期待のかかる注目の若手GK オビパウエルオビンナ選手についてご紹介しました。東京オリンピックが無事に開催できるように祈りつつ、今後も応援しています!